退職についての考察

本日、部下が1人退職しました。
本人もいろいろ悩んだようでしたが、このような結果となったようです。
「自己都合退職」とはいえ、生活環境が一変してしまう「それ」に踏み込むまでには勇気のいることですから、本人も充分に考えた末のことでしょう。

しかしいつも考えさせられるのは、人生が掛かったこのような選択にかかわるのは辛いということです。
この後の人生リバイバルプランがあるのかも定かではありません。

彼はこのあと一体…。

タグ:
Posted 2004年6月24日 21時14分14秒 in Junichi Diary by junichi_y Comments (2)

Get Adobe Flash player