きつねとたぬきを考察

Sweetpeaのエントリー、「2004年02月21日:うどんで モメる?」を思い出し、少し調べてみた。

出典
きつねうどん(そば)とたぬきうどん(そば)

北海道・東北・関東圏・九州では、「きつね」には揚げ、「たぬき」には天カス。それぞれにうどんとそばがある。
石川県では、「きつね」「たぬき」とは言わず、「いなりうどん」「いなりそば」。
福井県では、関東圏とほぼ同じだが、きざみ揚げののった「しのだ」が多い。
名古屋圏では、揚げののったそばが「きつね」。
京都では、揚げののったうどん・そばが「きつね」、あんかけのうどん・そばが「たぬき」。
大阪・兵庫・滋賀では、揚げののったうどんが「きつね」、揚げののったそばが「たぬき」。

ちなみに、山口では関東式だが、きつねを「カヤク」と言う。
大阪・京都周辺では、天カスののったうどんを「ハイカラ」と言う。
「讃岐」(香川)には、うどんのメニューがたくさんあって、「きつね」「たぬき」という呼び方はしない。さらに、そばを食べる習慣もないそうです。

ダシは関東「しょうゆ」・関西「かつお」とコレまた違うのよね。
これではやはり、Sweetpea家でうどんを合わすのは難しそうだなぁ。(笑)

タグ: , ,
Posted 2004年7月9日 12時34分00秒 in Food&Dessert, Junichi Diary by junichi_y Comments (1)

Get Adobe Flash player