鯛のあら炊き

昨日のことです。

仕事帰りに ふらふらと寄った デパ地下の食品売り場で
鯛のアラが売っていたので あ〜アラ炊きでもしようかなと買って帰り
血合いなどを水でよく洗い 熱湯にさっと くぐらせた後
ごぼうやしょうがの薄切りと一緒に煮たのです。

いい感じで出来上がり お味見をしてみようしたら 鱗が…?
ところどころ、てらてらと光っている。なんという基本的な失敗!!

煮る前に ちゃんと確かめて処理しなかった 私が悪い。
それは 分かっているんだけどね、
作る前に チラッと気になったのも事実なんだけどね…。

でも 言い訳させてもらうなら
アラって 頭の部分と お魚をおろした後の中骨でしょお?

しかし頭にも あんなにしっかりと 鱗って くっついているのねぇ〜。

味は 文句なしに上出来で、おいしいのに
食べにくいことと言ったら…くすん(泣)


Twitter Comment

タグ: ,
Posted 2004年6月9日 18時27分09秒 in Food&Dessert, Sweetpea Diary by sweetpea Comments (2)

Subscribe to comments with RSS to '鯛のあら炊き' .
TrackBack URL 

2 Responses to '鯛のあら炊き'

  1. a gravatar #1 turbo shouted,

    2004年6月10日 at 11時45分59秒

    あー、私も同じ事した経験が・・・。
    アタマの鱗って、体のより硬いんだよね。
    ほんと、食べにくいったらありゃしないって感じでした。
    そういえば、関東の人は「アラ炊き」をあんまり食べる習慣がないのかなあ???
    10年ほど前だけど、友人に作ってあげたら
    「魚の頭食べるなんて気持ち悪い」「グロイ」との反応でちょっと驚いた事が。
    その人がたまたま魚を食べる習慣がなかったのか???
    魚の一番美味しい所は頭だと思うんだけどなあ。


  2. a gravatar #2 sweetpea shouted,

    2004年6月10日 at 17時20分31秒

    turboさんにも同じ経験があったとは!励まされるなぁ(笑)
    関東の人って 食べないんですか??

    アラ炊きは 美味しいですよね〜。私は好きです♪


コメントする


Get Adobe Flash player