ラッセル・ワトソン

スター・トレックの最新シリーズ「エンタープライズ」のオープニング曲が前々から気になっていました。唯一シリーズの中でオープニングに歌詞の入った曲が使われているからです。

この曲「フェイス・オブ・ザ・ハート (Faith of the Heart)」は、ラッセル・ワトソン(Russell Watson)というアーティストが歌っているのですが、実は、映画『パッチ・アダムス』で、ロッド・スチュワートが歌った「フェイス・オブ・ザ・ハート」のカバー。
ラッセル・ワトソンのアルバム “Encore” では “Where My Heart Will Take Me” という曲名になっています。

しかし、このラッセル・ワトソンの歌には実にびっくり。
アルバムの中身は、オペラの名曲、ボピュラー、スタンダード、ナポリタン、ポップスをミックス…。
某ビールのCMで軽快に流れていた曲『ヴォラーレ』。
バッハの名曲、『アヴェ・マリア』。
良く言えば、何でこんなに発声方法からなにから違う歌が歌えるのか?幅広い歌声の持ち主。バラード最高!
悪く言えば、何でこんなに趣旨嗜好の違う曲を1枚のCDにできるのか?(笑)
最近は自分でCDも焼けるし、アーティストは好きなものを歌うってことか?

Amazon.co.jp:オリジナル・サウンドトラック「スタートレック エンタープライズ」
試聴はこちら

Amazon.co.jp:ヴォラーレ ~ザ・ヴォイス2


Twitter Comment

タグ: ,
Posted 2004年7月26日 6時40分20秒 in Music Revue by junichi_y Comments (0)

Subscribe to comments with RSS to 'ラッセル・ワトソン' .
TrackBack URL 

コメントする


Get Adobe Flash player