亡国のイージス(書籍)

現在九州方面放浪中、junichi_yです。
さて、九州は電車での移動距離が長く、読書にはもってこいな状況でして…。

前置きはこの辺にして、さてこの「亡国のイージス」、長編海洋フィクションなのですが、現代日本の置かれる立場と諸国の関係、及び登場人物の緻密な背景描写に感情移入し、グイグイ引き込まれていきます。
日本の自衛隊という専守防衛組織・憲法第9条・日米安保、そこに人間ドラマ。
コレはもうハリウッド映画を超えている!
と、思ったらなんと自衛隊の全面協力により近日映画化ですと。
必読の一冊です。(あ、文庫版は上下巻2冊構成だった)

亡国のイージス 上  講談社文庫 ふ 59-2
亡国のイージス 上 講談社文庫 ふ 59-2

posted with amazlet at 04.12.07
福井 晴敏
講談社 (2002/07)
売り上げランキング: 1,936
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.7

5 父は激しく悲しく、母は静かで強い。
5 どこまでも熱い登場人物たち
5 なぜこんなにも面白いのだろう・・・

Amazon.co.jp で詳細を見る

亡国のイージス 下 講談社文庫 ふ 59-3


Twitter Comment

タグ: ,
Posted 2004年12月8日 0時00分51秒 in Book Revue by junichi_y Comments (1)

Subscribe to comments with RSS to '亡国のイージス(書籍)' .
TrackBack URL 

One Response to '亡国のイージス(書籍)'

  1. a gravatar #1 sweetpea shouted,

    2004年12月8日 at 22時42分46秒

    おもしろそ〜だ。次は これを!と思うけど
    最近、バタバタしてて ゆっくり本を読む時間がないよ〜。
    睡眠不足気味で通勤電車の行き帰りは 爆睡してるし(笑)
    ゆとりがないと本は読めないねぇ・・・。


コメントする


Get Adobe Flash player