業務連絡2

卒業のシーズンとなりました。

ワタシの今年の昇給も小休止。
などと下手なシャレを言うのも、日本人が良く使うシャレは「下手なシャレはよしなシャレ」だという事がわかり、まだまだ寒いおやじギャグも捨てたものではないなと独りごちているからでありますが、
話は変わって、全国3000万人の4月バカ(いわゆるエイプリルフール)ファンの皆様、お待たせ致しました。
季節は春です。もうすぐ4月1日です。
あらゆるサイトでは数年前から恒例の「うそ記事」が蔓延する特別日であります。
各Authorの皆様は、ネタの仕込みをお願いいたします。(笑)

タグ:
Posted 2005年3月19日 13時01分39秒 in Junichi Diary by junichi_y Comments (2)

風光る

俳句を作った経験はないけれど、「風光る」という言葉が春の季語だと知った。
芽吹きの季節にぴったりの素敵な言葉だなぁと、その言葉が気に入った私は
親友に「風光るという季語を知りました。素敵だと思わない?」とメールを打った。
すると返信に

「行きつけのお好み焼き屋さんのマスターに、○○ちゃん(親友の名)が来たってことは
春を感じるなぁ。では一句、と○○を季語にして楽しんでいたわ」とあった。
それはデタラメの句だったけど、彼女の名前を春の季語にするという遊び心が
いいなぁ〜と♪
この親友のやりとりは、艶っぽい話では全くないんだけど
雰囲気のあるシチュエーションで
素敵な一句を詠まれたら 十分、立派な口説き文句になりそうですわよ〜。

と…話が流れましたが、「風光る」です。風を感じながら お散歩したくなりません??
今度 実家に帰った時に亡き祖父が使っていた「歳時記」など開いてみようと思います。

最後に。
有名すぎる句ですが 桜の木の下にいくと いつもこの句が頭に浮かぶので。

さまざまのこと 思い出す 桜かな  芭蕉

タグ:
Posted 0時22分10秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (2)

Get Adobe Flash player