かもめクラブ☆

先週の水曜日から、知的障害と自閉症の子どもたちがくる「かもめクラブ」っていう
学童保育にアルバイトに行きはじめました。

たまたま、保育士の学校で一緒にお勉強してる人に誘われて
お勉強もかねて、いくことにしました☆

たかこは、全然、障害のある子への知識が無いので、
めっちゃくちゃ不安だらけやし、
仲良くなれるかどうかわかんないし、
ドキドキしながら行ったのだけど・・・

いざ、行ってみたら、子どもたちは、すっごく人なつっこくて、かわいくて、
冒険隊の子どもたちと遊ぶのとかわらない感覚で遊べて、
めちゃ、楽しく遊んで帰ってきてしまった。
(結局、また、これでお金もらっていいのだろうか?って思うくらい楽しかった)

平日は、学校帰ってからの2・3時間を一緒に過ごすかんじ、
土日は、朝から夕方まで一緒に過ごすってかんじです。

土曜日に、かもめに行ったら、お昼にみんなでスパゲッティーを作って食べて、
ご飯が終わったら、ゲンキップ大阪っていう場所に行って
「ファミリーコンサート」を見に行ってきました。
やっぱ、子どもたちは、歌を聞いて、踊るのが好きみたいで♪
ほんと、たのしそぉでしたぁ♪♪♪

でも、帰りに、1人の男の子が、そこが楽しくて帰りたくなくなってしまって、
少し、ほっておいたらついてくるだろぉということで、みんなでおいといた間に
反対側の出口から、先に駅まで帰っちゃって・・・

本当にビックリした。
冒険隊の子どもたちは、怒ったら言うこと聞いてくれるけど、
かもめの子は、怒ったからといって、聞いてくれるとは限らないし・・・
っていうので、そういう部分では、たかこにとっては、まだまだ難しい★
でもでも、きっと、ここで働いてるうちに、
どんな子とでも仲良くなれるよぉになるかなぁと思って、
がんばろぉと思います!!!
だって、一緒に遊んでると、障害があるとかないとか関係無く、
子どもってかわいいし、ほんま、いい子ばっかだから楽しい♪


Twitter Comment

タグ:
Posted 2005年5月23日 12時58分56秒 in Takako Diary by takako Comments (6)

Subscribe to comments with RSS to 'かもめクラブ☆' .
TrackBack URL 

6 Responses to 'かもめクラブ☆'

  1. a gravatar #1 turbo shouted,

    2005年5月23日 at 16時49分49秒

    ウチの子のクラスにも、自閉症の子がいます。
    入園当時の赤ちゃんの時から知ってるから、その子が自閉症の
    診断を受けた時には、みんなでショックを受けてしまった・・・。
    でもやさしい子で、うちの子が泣いてたら、手を握りに来てくれたりします。

    保育園に最近来た先生で、この子を動物のように扱う人がいて、
    見ていてつらいです。自閉症児を沢山世話してきたから、経験を
    買われて移ってきたようだけど、決して障害児のプロではない
    自己流の保育だから思い込みもあるんじゃないのかな・・・。
    一筋縄ではいかないことは十分わかるけど、たかちゃんみたいに
    子供に愛情を持ってほしい。

    たかちゃん、時々その「かもめクラブ」のこと聞かせてね。


  2. a gravatar #2 takako shouted,

    2005年5月23日 at 21時50分49秒

    でもやさしい子で、うちの子が泣いてたら、手を握りに来てくれたりします。

    うん、うん。
    これ、すごい、よくわかる!
    たしかに、力の加減とかきかなくて、お友達をたたいちゃったりするときもあるけど、それって、お友達と遊びたくて、その子なりのアプローチの仕方なんだろぉなぁって、感じます。

    自分を否定される言葉を言われるとパニックを起こして
    自分を傷つけてしまう自閉症の子は、
    あまりきつく怒ることも出来なかったりするのだけど、
    でも、接してみて、よけいに自分がたくさん偏見をもってたなぁって感じてます。

    障害のある子は、できないことが多いとか、言ってもわからないとか・・・
    そぉいうこと思ってたとこがあったけど・・・
    全然そぉいうことはなくて・・・
    話せなない子でも楽しいことしてるときは、ニコニコ笑顔になるし
    ちゃんと見てたら、みんな、すっごい表情が豊かだから。

    かもめの子は、軽度の子が多いのもあって
    たかこは、まだまだ、すっごいパニックになった子とかに
    出会ってないので、なんとも言えないけど・・・
    でも、やっぱ、動物みたいなんて、思うことはないかなぁ。


  3. a gravatar #3 turbo shouted,

    2005年5月24日 at 16時37分52秒

    動物みたいに・・・というのは、先生がその子に声もかけずに
    いきなりひっぱったり、ボールみたいに頭をつかんで制止したり、
    肩に担ぎ上げて運んだり、というあたりの行動のことなの。
    私達他人でも、その子が言って聞かせればわかる、というのを
    知っているから、新しく来た先生がそんな扱いをするのがすごく
    悲しい・・・。

    >自分を否定される言葉を言われるとパニックを起こして

    というあたりを理由としてその先生も言うんだけど、だからといって
    動物みたいに扱って良いわけじゃないと思うんだよね。
    自閉症のプロの先生はどんな保育をしてるのかな、と日々思うのです。


  4. a gravatar #4 takako shouted,

    2005年5月25日 at 1時05分36秒

    なんだろ?
    1度、お友達に嫌なこと言われて、たたいてしまった自閉症の子がいて、パニック起こしかけたんだけど、

    かもめの職員さんは、
    「腹が立ちましたか?そしたら、手より先に口で『腹が立ちました』って言ってください。」って声かけをして、
    何度か、「腹が立ちました」ってその子に言わせて、
    口で表現することを教えてから、
    「でも、お友達たたくのは、よくないことだよね?そんなときはどういうの?」ってかんじで、
    「ごめんなさい」って言葉をひきだしてました。

    で、もぉ一人の知的障害のある子には、
    「もっと、優しく言ってあげよぉね。あなたも少し言い方がきつかったんだよ。」ってかんじで・・・
    2人ともの悪いところをちゃんと指摘してから、納得させるってかんじでした。

    で、とにかく、怒った後は、すぐに興味をほかの事にそらす!
    そのときは、かるた取りだったのだけど・・・
    すぐに、また、何も無かったよぉに楽しく始めて、
    最後、1番とれてなかった自閉症の子を、
    1番にしてあげた、知的障害のある子の姿を見て、
    たかは、すごいなぁって思った。
    障害あろうがなかろうが、やっぱり人間として生まれてきたら、
    思いやる心って、誰でも持ってるんだなぁって感じました。

    その職員さんは知的障害者の施設で働いてた経験があるみたいで、すごく、子どもたちの接し方が上手なので、
    そのお姉さんかっこいい!!!っていうのも本気で思った。

    >先生がその子に声もかけずに
    いきなりひっぱったり、ボールみたいに頭をつかんで制止したり、
    肩に担ぎ上げて運んだり、
    ↑↑↑
    これは、ちょっとヒドイ!
    そりゃ、どうにもこうにも抑えられないなら、最後は、こういう手段も必要なのかもしれないけど・・・
    泣いてる子を思いやる気持ちがある子に、そんな方法とらなくても絶対にいいと思う。
    その先生が口で表現すること根気よく教えてあげれば、
    いつかは、手より先に口で表現することできる日がやってくるかもしれないのに。

    たかこの友達で知的障害児施設の職員として働いてる子がいて、
    パニック起こして暴れた人に、顔とか、首をかまれて
    何針も縫う大怪我をした子がいるんだけど・・・
    やっぱ、そぉいう場合には、みんなが危ない!ってことで
    力ずくが必要になるのかもしれないけど・・・
    でも、そんなの、そぉなった時だけ限定で、
    普通の時は、他の子どもと同じように普通に接してあげないと
    よけい、他の子から偏見受けちゃう気がする。


  5. a gravatar #5 junichi_y shouted,

    2005年5月25日 at 12時42分07秒

    (ノдσ。)ウワァァン!!


  6. a gravatar #6 takako shouted,

    2005年5月25日 at 13時49分48秒

    あれ?
    コーチが泣いちゃったぁ・・・★


コメントする


Get Adobe Flash player