Theプレミアム阪神タイガースブラ

Truimph キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

これまで数々のトリンプ特製ブラを紹介してきた当ブログ。
紹介実績としては、

『三都めぐりブラ』
『ハルウララ』特製ブラ

トリンプ『楽天イーグルスブラ』
トリンプ『郵政想定外ブラ』

※いずれのリンクも当ブログ内リンクですが、その先のトリンプへのリンクは切れています。

などが有り、ある意味ブラマニアの様相を呈しておりますが、さらに新作発表を追跡いたします!(笑)
さて今回は!

阪神タイガース球団創設70周年記念 & 優勝祈願豪華
トリンプ『Theプレミアム阪神タイガースブラ』
‘コテコテ’仕様の特製ブラジャー、これで優勝間違いナシや!?
ツッコミどころ満載の見た目と機能で、コアな虎ファンにむけて販売開始!
熱狂的な「虎党」女性ファンのために、8月26日(金)より予約販売を開始します! (限定100セット)
※「耳」と「しっぽ」は販売致しません

■ 販売概要
●発売日時:
8月26日(金)から予約受付、 9月29日(木)より販売開始
※限定数に達し次第予約受付は終了いたします。
●セット内容:ブラジャー、ショーツ(ボーイズパンツタイプ/巻きスカートつき)
●特徴:
・ 素材には、復刻ユニフォームのデザインを採用。金刺繍で縁取られた阪神タイガースロゴが豪華な見た目を演出します
・ ストラップのデザインは「甲子園のツタ」がモチーフ (ツタは取り外し可能)
・ ブラジャーは裾の長い仕様となっているため、応援グッズとしても着用が可能
・ ショーツはブラジャーと同様にユニフォーム素材を用いたボーイズパンツタイプ。「六甲おろし」の歌詞を刺繍であしらった巻きスカートの2枚セットで、重ねばきを楽しめます(取り外し可能な’トラ柄ベルト’付き)
●サイズ: ブラジャー B70 / B75 / C70 / C75
●価格: ¥21,000(税込み)
●販売店舗: 阪神百貨店 / くまもと阪神 / 京王百貨店の婦人肌着売場
●予約受付方法: 予約承りは各百貨店店頭のみで随時受付(電話、メールなどでは一切受付けません)

さぁ、誰か買ってください!(爆)


Twitter Comment

タグ: , ,
Posted 2005年8月27日 23時03分14秒 in Design Revue, Junichi Diary by junichi_y Comments (4)

Subscribe to comments with RSS to 'Theプレミアム阪神タイガースブラ' .
TrackBack URL 

4 Responses to 'Theプレミアム阪神タイガースブラ'

  1. a gravatar #1 turbo shouted,

    2005年8月28日 at 13時21分16秒

    やです!!(爆)

    もうこれはコスプレだよねー。
    でも、かわいい人がこれ着て球場で応援してたら納得しちゃうかも?

    しかし、このブラのシリーズは絶対コレクターがいると思う。


  2. a gravatar #2 junichi_y shouted,

    2005年8月28日 at 18時59分01秒

    タイムリーに、えらいエントリーを書いてしまったものです。
    実は現在、トリンプ社長吉越浩一郎氏のblog「吉越浩一郎の革命社長日記」で、某日経紙に掲載中の「愛の流刑地」を「楽しく読んでいる」と社長が書いたものだから、コメント欄がえらいことに。
    「女性蔑視、時代錯誤のセクハラ小説を、女性をメインとした商品を売っている会社の社長が公的な場で褒めるとはどういうことか」とか、「御社が本当の意味で女性のことを考えているなら、あんなものを持ち上げるはずがない。底が知れました」「御社の商品は今後一切買わないつもり」などの抗議コメントが殺到中、他のblogでも祭りの気配です。


  3. a gravatar #3 turbo shouted,

    2005年8月29日 at 16時23分39秒

    あららら、そんなことが。
    日経の連載小説は読んだことあるけど、そんな話題になってたんだ。
    筋がぜんぜんわかってないのでなんとも言えないけど、確かに昔懐かしい感じの文体だなあとは思ってました。
    20年くらい前の週刊誌に連載されてたような雰囲気。
    最近は社長もブログで直接意見されちゃうんだなあ。


  4. a gravatar #4 sweetpea shouted,

    2005年9月1日 at 21時14分42秒

    トリンプ社長も、まさか そんな事になろうとは・・・。

    確かにワタナベせんせ〜、「失楽園」の時も
    男が作り上げた勝手な理想?みたいなのを男の立場から
    書いてて、個人的には はぁ?っていう感じだった。
    以来、ワタナベ氏の本を読んだ事はなかったけれど
    「愛の流刑地」 我が家は日経もとっているので
    途中から読み出しました。(結構オジサマの間で話題だとかで)

    最初は 過激な内容に 朝刊でこれって
    朝からスゴイな〜なんて驚いたけど
    毎回毎回似たような描写に心底ウンザリして
    もういいわ〜って思っていたら ふゆか死んじゃったよ?
    首絞めたりして危なくて怪しい事してるからだ。
    この首絞めを ワタナベ氏は怪しいじゃなくて「妖しい」と
    書いておられましたけど・・・・。
    やっぱり、どうかと思います・・・。


コメントする


Get Adobe Flash player