牧場のお嬢さんたち

牧場のお嬢さんたち

先月の末あたりに、主人の実家の北海道に行っておりました。
まだ紅葉はなかったけれど、空気は秋そのもの。良い季節でした。

今回の帰省には義父母の顔を見る以外に、もうひとつ目的がありました。
オホーツク海側の街に住んでいる友人の顔も見たくなったのです。
彼女のご主人は東京で働いていましたが、激務に体を壊してしまい、都会の
生活にも疲れ果て、全く違った仕事「酪農」に転職したのです。

実家の札幌近郊から、オホーツク海近くのその町までの日帰り北海道縦断。
いや、もうー、遠かった!車飛ばしてた時間は往復6時間、でも会ったのは
2時間ほど。チビがはしゃいで大騒ぎしたせいでろくに話もできませんでしたが、
ご主人の勤める牧場の見学に連れて行ってもらえました。
牛舎に入ると、牛のお嬢さん方がいっせいにこちらをじーーーっと見つめます。
「だれ?」「見たことないわね」という感じで、ひたすら無言でじーっと。
じーーーーーーーーっと。

と、外の草原で牧草を食べていた牛に出産の兆候が。
なんと子牛の足が出てきています。
ゆっくり歩いて牛舎に入り、子牛をロープで引っ張ってなんとか無事にご出産。
しかし、牛ってすごい!生まれかけてるのに歩けるなんて!
私なんか、あまりの痛みに陣痛の間の記憶がとんでるくらいだったのに。
この、めったに見られない場面の横で、ウチのチビは人懐っこい牧場のネコ
ばかり相手にしてました(苦笑)。
牛の赤ちゃん見ようよ!牛の赤ちゃん!

ところで、この牧場で初めて気が付いたのですが、乳牛は乳牛であるがゆえに
ミルクが出るわけではないのですね。赤ちゃんを産むからミルクが出るわけです。
これはものすごく当たり前な事だったんですが、うかつでした。
同じように出産、授乳の苦労をした者としては、ちょっと身につまされます。
牛乳は一滴残らず大事に飲まなくては!
子々孫々まで伝えよう。と思うturboでした。


Twitter Comment

タグ:
Posted 2005年10月11日 15時16分35秒 in Turbo Diary by turbo Comments (5)

Subscribe to comments with RSS to '牧場のお嬢さんたち' .
TrackBack URL 

5 Responses to '牧場のお嬢さんたち'

  1. a gravatar #1 sweetpea shouted,

    2005年10月11日 at 18時25分24秒

    北海道は広いですものねぇ〜。
    貴重な2時間!しかし すごいタイミングでしたねぇ〜!!
    目の前で見たら ものすごい感動だろうなぁ〜。

    搾乳される牛さんたちも大変ですよね。
    今日(11日)の朝日新聞夕刊に 「北海道の酪農」という記事で
    「想いやりファーム」というところの乳牛の話が出ていて
    そこのは牛にストレスを与えずに追い立てないで
    牛のペースで搾乳するらしいのです。
    よって、取り寄せで 720ミリリットル 3本 3150円する
    らしいんですけどね。
    ものすご〜く高いけど 一度 飲んでみたいですねぇ。


  2. a gravatar #2 junichi_y shouted,

    2005年10月11日 at 18時30分56秒

    感動の出産シーンも、実は意外と子供にとってはグロテスクなシーンに映る場合もありますから、今はこれで良かったのではないでしょうか。
    やはり命の誕生についてはある程度の理解が出来てからの方が…。
    深層心理で「怖い」というイメージだけ残るのもなんですしね。

    それよかニャンコと遊べる方が得るものは…。
    でも親としては見ておいて欲しいかも、な、気持ちもわからないではありません。(笑)

    で、然るに乳牛のミルクは母乳であって、子供を生むからこそのもの。
    普段は全く忘れている事ですね。

    ココ、重要です。テストに出ます。(笑)


  3. a gravatar #3 turbo shouted,

    2005年10月11日 at 19時41分38秒

    >sweetpeaさん

    うーん、なんというか、酪農の現場を見ていると、搾乳される牛も気の毒ですが人間の方もこれまた激務なようで。このご主人は東京に居た頃の半分くらいに激痩せしちゃてて、ハードな仕事がうかがえましたよ。生き物をあつかう仕事は、いろんな意味で大変なようです。牛のペースで搾乳というのは、人間にも精神的にはストレスが少ないのかも。(あくまで想像だけど)
    しかし、¥3150かあ・・・。(遠い目)

    >じゅんいちさん

    いや、これがねえ。うちの子はかなりしっかり見ていたようですよ。保育園の先生に報告してたところをみると。
    三歳児くらいだと、見たものをそのまま受け入れるから、「グロい、キモい」な感情はなく、「あー、牛の赤ちゃんでてきたなあ。ふーん。」とすんなり吸収したようです。それはそれ、と置いといて「ネコちゃんかわいいー♪」のほうが面白かったようで。(苦笑)
    とほほ。。。


  4. a gravatar #4 takako shouted,

    2005年10月12日 at 1時56分00秒

    すご〜い!!!めっちゃ、羨ましい!!!
    たかこも1回は、出産シ〜ン見てみたい!!!
    命が生まれるって、ほんま、不思議だよねぇ〜。
    こないだ、友達が産んだ赤ちゃんを見に行ったときも・・・
    「どんなかんじなん???」って興味津々に聞いてしまったとこです★

    っていうか、乳牛ってみんなお母さん牛やったんやねぇ〜。
    そんなんこと、気にかけたことも考えたこともなかったぁ!!!
    ほんま、牛乳、大事にのもぉっと!!!
    1Lが1000円以上の牛乳もかなり気になる!!!
    めっちゃ、おいしそぉ♪♪♪

    そぉいえば・・・
    おこちゃま、牛、怖がらなかったんやねぇ〜!!!
    たかこが幼稚園行くか行かないかじゅらいのとき
    いとこの家の近くで牛飼ってて、
    いとこのお姉ちゃんたちとのりのりで「見に行く〜」って
    とことこ歩いていくねんけど・・・
    いざ、牛の声が聞こえてきだしたら、びくびくし始めて・・・
    牛の見えるとこ行ったら、怖くて大泣き!!!
    お姉ちゃんにおんぶされて帰る・・・
    ってことを、2・3回繰り返してた気がする・・・。

    牛って、めっちゃでっかいし、声もでかいし、
    目とかぎらぎらしてて・・・
    めっちゃこわかってんけど・・・

    出産なんて、さらにでっかい声で鳴いてそぉなのに
    ねこちゃんと平気で遊べるturboさんのおこちゃまは、
    ある意味、大物だぁ〜!!! すごいわぁ〜!!!


  5. a gravatar #5 turbo shouted,

    2005年10月12日 at 14時07分56秒

    最初はちょっと怖がったけど、おとなしいから平気だったみたい。
    出産シーンは、牛も子牛も人間もみんな無言だったんだよねー。
    だから、思う存分牧場ネコとたわむれるチビなのでした。(笑)
    本当は生まれた子牛が、息が無くてちょっと大変だったんだけど、
    みんな無言で必死になってたんですよ。
    なんとか大丈夫だったけどね。 


コメントする


Get Adobe Flash player