Googleでもっと脳を鍛える

Google Image Labeler

Googleが提供するオンライン対戦ゲームです。
エントリー後、自動的にマッチングされたプレーヤと対戦します。
ゲームは、同じ画像を見ながらキーワードを入力することで行われます。
そして、両者が入力したキーワードが一致すると得点が得られ、次の画像が提示されます。

ん?Googleがゲーム?

実はこのゲームの真の価値は、ゲームに非ず。
このゲームには、画像検索の精度を上げるという具体的な効能があるのです。

Googleイメージ検索では、キーワードを入力して、それに一致する画像を探します。
画像の検索と言っても、そもそも画像は文字ではないので、キーワードと一致することはありません。
コンピュータが画像に描かれた内容を読み取り中身を推定する、という作業ができれば良いのですが、まだまだそのような役割は担えません。
そのため実際には、例えばimgタグのalt属性など、画像に付けられた補助的な情報や、前後のテキストに含まれる文字から画像の内容を推定するという作業が行われ、データベースに格納されています。
しかし、このような方法の精度が高いとはいえません。
画像検索を行ってみると、たまたま近くに検索キーワードが書かれただけの関係ない画像が出てくることも珍しくありません。

では、どのようにして検索精度を上げるのか?
手作業で画像に対するキーワードを1つずつ付けていくには2つ問題があります。

  • インターネット上の画像は日々増え続けるため、同時に、データベースには膨大な量の画像データが増え続けているという問題。
  • 人によっては、ある画像を見て思い付くキーワードが違うという問題。

このゲームは「データベースに蓄積された膨大な量の画像にキーワードを付ける」という「Googleにとっては金がかかる単純作業」を、全く正当な論法でプレーヤーに転嫁することに成功しています。
もちろん、遊び感覚で作業を続けている訳ですから、プレーヤも無理に仕事をさせられているという気分にはなりません。まさに、両者が損をしないwin-win関係が成立します。
更に、2人のプレーヤが相互に出したキーワードの一致した場合に得点が得られるということは、1個人の間違った思い込みを排除するという効能もあります。

で、何が言いたいかというと、このゲーム、頭を使うということです。
相手がいくつキーワードを入力したのかがリアルタイムで見えるうえに、入力すべきキーワードは、英単語でないと通りません。
キーワードですから、中学生・高校生レベルの単語で良いのですが、なかなか瞬間的には出てこないのです!

さぁ、アナタも世のリソースに貢献するため、自分の脳をもっと鍛えるため、このゲームをやってみましょう。(笑)

タグ: ,
Posted 2006年10月7日 23時34分00秒 in Junichi Diary by junichi_y Comments (2)

Get Adobe Flash player