星を継ぐもの (文庫)

久しぶりに、純(?)SFを読破。実は既にシリーズを読破中です。
そのシリーズとは、ジェイムズ・P・ホーガン(James Patrick Hogan、1941年6月27日、イギリス、ロンドン生まれ)の、「巨人たちの星シリーズ」。
この「巨人たちの星シリーズ」は、本作『星を継ぐもの』(ほしをつぐもの, 原題 Inherit the Stars)から始まり、続編には「ガニメデの優しい巨人」、「巨人たちの星」、「内なる宇宙」へと続く。
1977年に上梓されたホーガンのデビュー作である本書は、日本国内で1981年第12回星雲賞海外長編賞受賞作品となっている。
また、同シリーズの第5作として「Mission to Minerva」があるが、日本語版は未発行。

あらすじ
月面で真紅の宇宙服を着た人間の遺骸が発見された。この人物は何者なのか?

数少ない所持品を元にあらゆる学問を通じて分析が始まる。年代測定では5万年前に生きていたとの結果が出る。だが生物学的な分析からはヒトであることが確認された。
所持品の中の手帳と思われるものに記された記号の解読は困難を極める。記号が文字ならば内容は何を示しているのか。
数々の仮説が立てられ、仮説に基づき謎が少しずつ解き明かされては新たな謎が生まれる。
この人物は一体どこから来たのか、この人物はどこに行こうとしていたのか?何故、ここに居るのか?
さらに木星の衛星ガニメデでの新たな発見と深まる謎。

人類はどこから来たのかを解明していくハードSF。
ジェイムズ・P・ホーガンを世に知らしめた代表作。

 

星を継ぐもの
星を継ぐもの
posted with amazlet on 07.05.04
ジェイムズ・P・ホーガン 池 央耿
東京創元社 (1980/05)
売り上げランキング: 5294
おすすめ度の平均: 5.0

4 面白かったが最後がトンデモ
5 クライマックスはご褒美です。
5 世界1のSF作家、J・P・ホーガンの
もっとも著名な「星を継ぐもの」

 

ガニメデの優しい巨人
ガニメデの優しい巨人
posted with amazlet on 07.05.04
ジェイムズ・P・ホーガン 池 央耿
東京創元社 (1981/07)
売り上げランキング: 20049
おすすめ度の平均: 4.5

5 心温まるコンタクト
4 ガニメアンと地球人の秘密とは。
「星を継ぐもの」よりもライブ感がある。
5 名作の続編も名作だった!

 

巨人たちの星
巨人たちの星
posted with amazlet on 07.05.04
ジェイムズ・P・ホーガン 池 央耿
東京創元社 (1983/01)
売り上げランキング: 30635
おすすめ度の平均: 4.5

4 前半と後半で少し内容が変わってくる。
5 もうひとつのスターウォーズ!
4 壮大な歴史の輪が閉じる

 

内なる宇宙〈上〉
内なる宇宙〈上〉
posted with amazlet on 07.05.04
ジェイムズ・P. ホーガン James P. Hogan 池 央耿
東京創元社 (1997/09)
売り上げランキング: 121177
おすすめ度の平均: 4.0

4 「マトリックス」の先がけ
4 僕は“星雲賞”を信じない。

 

内なる宇宙〈下〉
内なる宇宙〈下〉
posted with amazlet on 07.05.04
ジェイムズ・P. ホーガン James P. Hogan 池 央耿
東京創元社 (1997/09)
売り上げランキング: 121171
おすすめ度の平均: 3.5

5 世界でただ一つの本物の異世界ファンタジー
4 ホーガンらしい「電脳系世界」の作品
2 3部作で終わっていれば。。。

 

タグ:
Posted 2007年4月15日 20時28分14秒 in Book Revue by junichi_y Comments (0)

さくら見物 造幣局通り抜け

ちょっと前になりますが、会社の行事として、お花見に造幣局の通り抜けへ行ってきました。
(平成19年度の桜の通り抜けは4月11日をもって終了です)

独立行政法人 造幣局

お花見

得てして、近場のスポットに地元の人間は行かないもので、造幣局の通り抜けと言うものに生まれてこのかた、行ったことがありませんでした。
まだまだ地元周辺のランドマークで行ったことがない場所もたくさんあります。

しかし、この通り抜けは意外と拍子抜け。というか、行く時期が遅すぎたのか、かなり桜が少なかったのです。
そしてさらに、造幣局のある場所は、学生時代にボートを(短い間でしたが)漕いでいた「桜ノ宮」という場所で、特に「通り抜け」にこだわらなくても周辺の桜を見ていた場所だったからです。

といっても、綺麗な桜はやはり日本の四季を表す特別な花。
一時の安らぎを運んでくれたようでした。

タグ:
Posted 17時40分01秒 in Junichi Diary by junichi_y Comments (3)

Get Adobe Flash player