「おはぎ」と「ぼたもち」の違い

暑さ寒さも彼岸まで。
先人の口伝はすばらしいですね。
徐々に涼しくなってきているようですが、なかなか秋は短かそうです。

さて、おはぎぼたもちですが、結論から言うと、「同じもの」です。
では、なぜこの二つの名称が使い分けられるようになったかの歴史を、以下にカキコです。

なぜお彼岸におはぎやぼたもちを食べるようになったのでしょうか?
始まりは江戸時代に遡るそうで、この時代にお彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着したようです。

あずきの赤色には、災難が身にふりかからないようにする御呪い(おまじない)の効果があると信じられていて、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。

仏教では、「彼岸」は彼の岸として悟りの境地を言い、苦しみに満ちている「此岸」と対になる言葉として使われています。そこで彼岸中は仏道修行に励む訳ですが、日本では祖霊崇拝の慣習を合わさり、おはぎやぼたもちを捧げ、先祖を慰め自分自身の功徳を積むためのお供え物だったそうです。

春の彼岸は農作業が始まる時期、秋の彼岸は収穫の時期にあたります。
よって、春(牡丹の季節)には収穫をもたらす山の神などを迎えるため、あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたぼたもちを、秋(萩の季節)には収穫を感謝して、あずきの粒をその季節に咲く萩に見立てたおはぎを作ったと言われています。

と、ここまではよくある話。
しかし、おはぎぼたもちには、じつは「夏」と「冬」の別名もあったのです。

おはぎとぼたもちは普通のお餅と違い、餅搗(つ)きをしません。
もち米とお米を混ぜて炊き、すりこぎで半殺しにするのですが、杵で搗かないので「ペッタン・ペンタン」と音がしないのです。

そこで、夏は

  • お隣さんなどがいつ搗いたのか分からない。
    搗(つ)き知らず → 着き知らず
    夜は船がいつ着いたのか分からない → 「夜船」
    月を浮かべた水面を音も無く行き交う夏の夜船というところでしょうか。

さらに、冬は

  • お隣さんなどがいつ搗いたのか分からない。
    搗(つ)き知らず → 月知らず
    北側にある窓は月を見ることができない → 「北窓」
    寒い冬にしんしんと音も無く雪の積もる北側の窓からの眺めというところでしょうか。
  名称 漢字 由来
春  ぼたもち  牡丹餅  牡丹の咲く春のお彼岸にお供えとして
夏  よふね  夜船  搗き知らず 着き知らず
秋  おはぎ  御萩  萩の咲く秋のお彼岸にお供えとして
冬  きたまど  北窓  搗き知らず 知らず

 


Twitter Comment

タグ: ,
Posted 2007年9月24日 13時20分32秒 in Food&Dessert, Junichi Diary by junichi_y Comments (3)

Subscribe to comments with RSS to '「おはぎ」と「ぼたもち」の違い' .
TrackBack URL 

3 Responses to '「おはぎ」と「ぼたもち」の違い'

  1. a gravatar #1 turbo shouted,

    2007年9月26日 at 14時51分02秒

    なるほど。
    福岡の実家にいた頃は、一年中「おはぎ」でした。
    子供の頃は「ぼたもち」はなんだか別の食べ物かと
    思ってましたよ。
    東京でも「おはぎ」だなあ。
    北海道出身の主人も「おはぎ」。

    この、「よふね」や「きたまど」ってわびとさびに溢れる
    名前はいったいどこで使われてるんでしょね。
    茶道の専門用語?


  2. a gravatar #2 junichi_y shouted,

    2007年9月29日 at 17時30分36秒

    「夜船」や「北窓」を調べてみたんですが、どこで使われていたかはわかりませんでしたー。

    「おはぎ」と「ぼたもち」の違いは、当初「こしあん」と「粒あん」かと思っていたのですが、これにも訳があったようです!

    ・秋のお彼岸は小豆の収穫期とほぼ同じで、採れたての柔らかい小豆を餡にすることができるため、柔らかい皮も一緒につぶして使うので、つぶあんができ、
    ・春のお彼岸は冬を越した小豆を使うので、皮が固くなっているため、固くなった皮をそのままに使っては食感が悪くなってしまう。そこで小豆から皮を取り除いて使うため、こしあんができるのだそうです。

    現代では、保存技術の発達や品種改良により、このような風流な理由からの「餡」の違いは無くなってしまったのですね。


  3. a gravatar #3 turbo shouted,

    2007年10月1日 at 10時35分10秒

    ほほー、こし餡とつぶ餡にもワケがあったんだなあ。
    個人的には、おはぎはこし餡のに黄粉をまぶしたのが
    好きでーす。
    久しぶりに食べたくなってきました。
    濃いお茶と一緒にね。

    今日買って帰ろうかしらん♪


コメントする


Get Adobe Flash player