制欲について

人間には「欲」があるものです。
なかでも「人間の三大欲」と言われる「食欲・性欲・睡眠欲」が最も有名であり、生理的(本能的)なレベルのものです。
人間という種が生きている中で、無くてはならないものと言えるでしょう。

さらに人間には、仏教でいうところの「煩悩」という「欲」にあたる考え方があるとおり、人間には果てしない欲望があるものです。

さて、現代では「生活」という「経済活動」による「欲望の充足」により、人間が生活しているのですが、この人間の欲求が与える影響はどれくらいのものかというと、最も有名で最大の影響が地球温暖化です。
そうです。地球温暖化とは、各個人の「欲」が最大化された結果、生まれた産物であるのです。

例えば、「病原菌が活動した結果、人間が病気になる」ことは、「人間がなにげなく欲求を最大化させた結果、地球が温暖化してしまった」ことに似ています。

ということは、人間でいうところの「病原菌」は、地球でいうところの「人間」であるといえます。

「人間」は病原菌を免疫で攻撃しますが、地球は「病原菌」を何で攻撃するのでしょうか…。

今、人間は、地球に「制欲」を求められているのではないでしょうか。

チーム・マイナス6%
http://www.team-6.jp/

タグ: ,
Posted 2008年4月5日 10時18分39秒 in Junichi Diary by junichi_y Comments (3)

Get Adobe Flash player