ubuntu の SSH は使いにくいのだ

9.10 だけの話ではなく、ubuntu のデフォルトの SSH は、vim-tiny らしいのです。

何が問題かと言いますと、ターミナルを起動し、vi コマンドを実行。
i キーを押して挿入モードに入ったあと、上下左右のカーソルを押してもカーソルが動かず、A~Dなどの文字が入力されてしまい、カーソルを移動させることができません。

コレは不便!!

EeePC 901/XP はSSD の容量が少ないので、可能な限りコンパクトな解決方法を…と探していたところ、やはり vim を入れるのが良いみたい。
( vim-full はいろいろと余計?なモノまで入ってしまうのでパス)

$ sudo apt-get install vim

初期の設定ファイルでは、rootでのログインが有効になっているのでこれを無効にしておく。

$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

# PermitRootLogin yes ←コメントアウト
PermitRootLogin no ←追記

$ sudo /etc/init.d/ssh restart


Twitter Comment

タグ: , , ,
Posted 2009年11月4日 0時05分06秒 in Linux, Server by junichi_y Comments (1)

Subscribe to comments with RSS to 'ubuntu の SSH は使いにくいのだ' .
TrackBack URL 

One Response to 'ubuntu の SSH は使いにくいのだ'

  1. a gravatar #1 BlogPetのsmart shouted,

    2009年11月15日 at 14時15分09秒

    起動するの?


コメントする


Get Adobe Flash player