Nokia 8800

Nokia8800Nokia8800

これ、買う!
出たら飛びつく!
一目見てやられました!
本体はステンレススチール製で、ガラス面も高級時計で一般的に採用されている特殊強化ガラス。
背面にあるNokiaのロゴは時計メーカーが用いるケミカルエッチングによるものだそうです。
Nokia – Nokia 8800

ITmediaニュース:坂本龍一のオリジナル着信音付き携帯、Nokiaが発表
ノキア、欧米で高級携帯電話機を発売へ–坂本龍一作曲の着メロ付き – CNET Japan

タグ:
Posted 2005年4月12日 17時46分02秒 in Design Revue by junichi_y Comments (0)

AstonMartin V8 Vantage

ベビーアストン』の愛称を冠したその車は、
英Aston Martin(アストンマーティン)の世界戦略車。

2003年1月のデトロイトモーターショーでのプロトタイプ発表後、
2005年3月のジュネーブモーターショーで『V8ヴァンテージ』の発売発表となった。

手の届くアストンとして世界中を席巻したベビーアストンの正式名称は、
AstonMartin V8 Vantage』。
スーパーチャージャー付 V8 engine
Front-mid マウント Rear wheel 駆動
最高出力 385 PS @ 7300rpm
最大トルク 41.8kgm @ 5000rpm
最高速度 280km/h
6MTトランスミッション
全長 4.38m
車両重量 1570kg

艶めかしいまでの流線型のボディに、有り余るパワー。
いくらV12 Vanquish Sや、DB9より安くなったとは言え、1500万位はするはず。
いつかは乗ってみたい車ではある。

Aston Martin – The Cars – V8 Vantage
車体右前方
車体右後方

タグ: ,
Posted 2005年3月28日 4時13分31秒 in Design Revue by junichi_y Comments (0)

7色のカラーのエアコン


Posted 2005年3月6日 23時39分15秒 in Design Revue by junichi_y Comments (0)

スペースワープ 5000

『スペースワープ』
1983年、発売と同時に大ヒットした「スペースワープ」が、多くの復活リクエストに応え再発売。やってくれますバンダイさん。

アームやエレベーター等のパーツを組み合わせてコースを作り、鉄球を転がすという単純なおもちゃでありながら、ループや分岐などを駆使し、スムーズかつ見た目に美しいコースを作るのは難しい。
しかし、想像力を働かせ、計算し尽くして生み出されたコースは、最大の満足感と充足感を与えてくれる。
そして、この「スペースワープ」がヒットしたのは、ホビーとしての楽しみだけでなく、インテリアとしても十分な質感を持っているから。
アナタだけのコースを作り、眺めているだけで癒されるホビーである。

スペースワープ 5000
スペースワープ 5000

posted with amazlet at 05.02.28
バンダイ (2005/02/26)
売り上げランキング: 6,367
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.62

5 懐かしいですね
5 復活万歳!
5 祝!! 復刻

Amazon.co.jp で詳細を見る
タグ: ,
Posted 2005年2月28日 19時42分34秒 in Design Revue by junichi_y Comments (2)

PANTONE bag&小物

デザイン&印刷関連にお勤めの方なら知ってて当たり前、知らなきゃモグリのインキメーカーPANTONE
そんなPANTONEの名前を冠したバック&小物があったのですね。
コチラは知りませんでした。
コレってかなり、モノとしても優れものだし、デザインとしても秀逸。
iPod miniがココから出てきたらかなり楽しいかも。

PANTONE UNIVERSE ショルダーバッグ H ベージュ
PANTONE UNIVERSE ショルダーバッグ H ベージュ 税込5,040円

PANTONE UNIVERSE コインケース 各色 税込840円
PANTONE UNIVERSE ポケットノート オレンジ 税込1,050円  …etc.

東京自由が丘 インテリア&雑貨ショップ ForOneFirst

タグ:
Posted 2004年11月22日 1時18分22秒 in Design Revue by junichi_y Comments (1)

ガンダム再燃

今またガンダムが各所で話題になっているようですね。
世の中、リバイバル商品・カバー曲等、モノによっては様々な呼び方で言われていますが要は「懐古主義」(笑)でモノが見直され、またぞろ世に戻ってきます。
でも、ガンダムはやはり大人になってもハマれるアイテムだという事なのでしょう。きっとみんな「大きな子供」に戻っているはずです。(笑)
大人買いしなければいけないような値段のモノが多いですヨ。

PERFECT GRADE PG 1/60 ZETA GUNDAM MSZ-006
MASTER GRADE MG 1/100 ガンダム (Ver.Ka) RX-78-2
HIGH GRADE&HGUC HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ガンダム RX-78-2
HCM Pro

HIGH COMPLETE MODEL-Pro ザク2 MS-06F
バンダイ (2004/06/11)
売り上げランキング: 494

【GNO2】 ガンダムネットワークオペレーション 2

タグ: ,
Posted 2004年11月3日 6時35分07秒 in Design Revue by junichi_y Comments (5)

Macintosh Museum

Apple I や Lisa、Macintosh 128K 〜 Power Mac G5まで、
System 1.0 〜 Mac OS Xまでを多数の情報と共に。
Macintoshの系譜が写真と読み物で美しく「展示」されており、「マックの父」Jef Raskinをはじめインタビューも楽しめる。
当初アップルのデザイン言語『スノーホワイト』、フロッグデザインによる美しい筐体の数々。
はぁ〜。ため息が出ます。

Macintosh Museum
Macintosh Museum
posted with amazlet at 04.10.24
柴田 文彦 マックパワー編集部
アスキー (2004/09/17)
売り上げランキング: 2,319
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 3.67

4 第2弾 PowerBook Museumもぜひ!
4 歴代Macの資料として手元に置いておきたい
3 もう少し読ませる部分が欲しい

アップルデザイン―アップルインダストリアルデザイングループの軌跡

もおすすめ。高いですが。(笑)

タグ: , ,
Posted 2004年10月24日 7時46分28秒 in Book Revue, Design Revue, Mac&OtherComputers by junichi_y Comments (2)

VAIOノート type T

基本的にはアンチVAIO派な訳ですが、今回だけはルックスを認めることにしました。(ナンノコッチャ)

SONY VAIOノート type T (C-M353, 256MB, 10.6″ワイド, DVD±RW, 802.11b/g, Office2003) [VGN-T50B/L] (ミッドナイトブルー)ソニー (2004/09/25)
売り上げランキング: 1,602
通常1〜2週間以内に発送
Amazon.co.jp で詳細を見る

アップルの、機能に走らない、独走デザインラインが大好きな大バカマカーなワタシ。
当然できる事なら、できる限りWindowsマシンは使いたくない!

でも、持ち運ぶならどーしても軽いマシンが良い。

で、現在はPanasonicのCF-W2。だって軽いんだもん。B5で2スピンドルでっせ!この魅力には負けるぢゃないですか。

しかし、しかしですよ、おに〜さん!
このVAIO、ルックスをPanaに分けてあげて貰えませんかねー。(意地でもSONYのパソコンは買わない)買い換えますから。

タグ: ,
Posted 2004年10月21日 23時45分05秒 in Design Revue, Windows&Customize by junichi_y Comments (0)

au talby

INFOBARが爆発的に人気となったau Design Projectからの第三弾!
当時からコンセプトモデルとして発表されていたtalbyがいよいよ出るのですね。
ああ、もう何も言いますまい。

talby | au by KDDI

このサイトのtalbyがまた…刺激的にカワイイのです。(笑)

タグ:
Posted 2004年10月14日 1時40分08秒 in Design Revue by junichi_y Comments (3)

DoCoMo premini-S

ケータイ市場にはデザイン性が重要だという事を、auは(infobarの)加入台数純増により証明してくれたわけですが、DoCoMoは最近それを見習ってか、「デザイン性を追求した」という機種を増やしているようです。
先だって人気機種となった「premini」も、ムーバ端末4機種の発表に際してリニューアルされ、「premini-S」となったようで、少しラウンドしたフォルムになっています。

ココで聞きたいのですが、この「premini」、小さい・カワイイがキーワードであり、機能的にはカメラなどの最近の流行からは外れてますよね?
どちらかというと、個人的にはカメラはケータイに必要無い部類(!、moblogやってますが)に入るので良いのですが、ボタン押しにくくないですか?
特に爪の長いような最近のオネーさんには。
逆に指の太いオジサンにはカメラは必要でないし、爪楊枝でシーシーした後なんて、その爪楊枝でボタン押せてラッキーみたいな。(笑)

さて、ボーダフォンは無骨なラインをいつまで貫き通すのか?不思議。

DoCoMo Net – premini-S

タグ:
Posted 2004年10月10日 17時20分40秒 in Design Revue by junichi_y Comments (2)

Get Adobe Flash player