ubuntu の SSH は使いにくいのだ

9.10 だけの話ではなく、ubuntu のデフォルトの SSH は、vim-tiny らしいのです。

何が問題かと言いますと、ターミナルを起動し、vi コマンドを実行。
i キーを押して挿入モードに入ったあと、上下左右のカーソルを押してもカーソルが動かず、A~Dなどの文字が入力されてしまい、カーソルを移動させることができません。

コレは不便!!

EeePC 901/XP はSSD の容量が少ないので、可能な限りコンパクトな解決方法を…と探していたところ、やはり vim を入れるのが良いみたい。
( vim-full はいろいろと余計?なモノまで入ってしまうのでパス)

$ sudo apt-get install vim

初期の設定ファイルでは、rootでのログインが有効になっているのでこれを無効にしておく。

$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

# PermitRootLogin yes ←コメントアウト
PermitRootLogin no ←追記

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

タグ: , , ,
Posted 2009年11月4日 0時05分06秒 in Linux, Server by junichi_y Comments (1)

Karmic KoalaをEeePC 901/XPにインストール

ubuntu 9.10 (Karmic Koala:霊的なコアラ) が2009年10月29日予定通りにリリースされました。
(日本のローカルコミュニティチームによる日本語ローカライズ版は本日ただ今現在でリリースされていません。)
同時に、Netbook用のパッケージ、ubuntu 9.10 netbook remix ( ubuntu-9.10-netbook-remix-i386.iso ) もリリースされましたので、こちらを Eee PC 901/XP にインストールしてみました。

関連リンク
Ubuntu Home Page
Download Ubuntu
Download Ubuntu Netbook Remix
Ubuntu Japanese Team
UNetbootin

上の関連リンクから、まずは、ubuntu-9.10-netbook-remix-i386.iso をダウンロード。
次に、UNetbootin をダウンロード。

UNetbootin は、さまざまなOSのインストールパッケージをWebから取得してUSBメモリなどの外部メディアに書き込み、起動可能なインストールメディアを作成できるソフトで、Windows 2000/XP/Vistaなどに対応するフリーソフト。
対応するOSは、「Ubuntu」「Fedora」「Debian」「CentOS」といった有名なLinuxの各種ディストリビューションに加え、「FreeBSD」「NetBSD」など合計25種類。ネットブックなどCDドライブを内蔵しないPCで、いろんなOSを試してみたいというユーザーにはいちいちCDを焼かずに済むので超お勧め。
さらに、ISO形式のイメージファイルやフロッピーディスクのイメージファイルの書き込みにも対応しているので、本ソフトがインストーラーの自動取得に対応していないOSのインストールメディアも作成可能。

UNetbootin で ubuntu-9.10-netbook-remix-i386.iso を読み込み、USBブート可能なUSBメモリを作ったら、Eee PC 901/XP の BIOS設定で USBメモリからブートを設定し、先のUSBメモリを挿入し起動。
後はインストーラが立ち上がれば問題無し。
(Ubuntuのインストールについては、他のページを検索してください。)

無線LANもデフォルト(プロプライエタリなドライバ)で正常に認識し、手間取るところは全く無し。
非常に導入が簡単になりました。

追記:
インストールの際、今後のアップデートや Ubunto を再インストールする際の煩雑さも考慮して、Primary の 4GB SSD にホーム(/home)を作って ext4 でフォーマット、Secondary の 8GB SSD を 7GB と 1GB にパーティションを分け、7GB の方をルート(/) にしてext4 でフォーマット、残りの 1GB を swap としてみました。

タグ: , , ,
Posted 2009年11月3日 14時03分13秒 in Linux, Windows&Customize by junichi_y Comments (0)

CentOS + Nginx +【PHP】+ MySQL

Nginx + PHP は、PHPをFastCGIで動作させ、PHP-FPM (PHP FastCGI Process Manager) をインストールするのですか。
そうですか。
では前回に引き続き、PHPまわりのインストールをおこないます。

————————————————————————–

●パッケージがインストールされているか確認、されていなければインストール。

# rpm -q gcc libjpeg-devel libpng-devel libmcrypt libmcrypt-devel pcre pcre-devel libxml2-devel openssl-devel curl-devel

を実行し、
パッケージ xxxxxxxxxx はインストールされていません。
と表示されたものについて、インストールを実行。

# yum install gcc libjpeg-devel libpng-devel libmcrypt libmcrypt-devel pcre pcre-devel libxml2-devel openssl-devel curl-devel
(上のコマンドから、不要なものを取り除いて実行)

●ダウンロード用ディレクトリの用意と移動

# mkdir /opt/php
# cd /opt/php

●ダウンロード

# wget http://jp.php.net/distributions/php-5.3.0.tar.gz
# wget http://php-fpm.org/downloads/php-5.3.0-fpm-0.5.12.diff.gz

●PHPのソースを展開し、php-fpm patchを適用

# tar zxvf php-5.3.0.tar.gz
# gzip -cd php-5.3.0-fpm-0.5.12.diff.gz | patch -d php-5.3.0 -p1

●パッチ適用後のPHPをconfigure、make実行

# cd php-5.3.0 && ./configure –enable-exif –enable-fpm –enable-gd-jis-conv –enable-gd-native-ttf –enable-mbregex –enable-mbstring –enable-pcntl –with-mysql –with-mysql-sock –with-curl –with-gd –with-iconv –with-jpeg-dir=/usr/lib –with-libmbfl –with-mcrypt –with-openssl –with-zlib
# make all install

# cp -p /opt/php/php-5.3.0/sapi/cgi/fpm/php-fpm.conf /usr/local/etc/php-fpm.conf
# vi /usr/local/etc/php-fpm.conf

62行目付近にcgiの実行ユーザ、グループの記載があります。
コメントアウトされているので、コメントアウトを削除し、
有効にします。

Unix user of processes
nobody

Unix group of processes
nobody

●PHP-FPMを、起動時に自動実行するようにします

# cd /etc/init.d/
# ln -s /usr/local/sbin/php-fpm /etc/init.d/php-fpm
# /usr/sbin/update-rc.d -f php-fpm defaults

add this to /etc/rc.local if you want php-fpm to start from booting
# vi /etc/rc.local
/etc/init.d/php-fpm start

タグ: , , , , ,
Posted 2009年9月28日 0時30分59秒 in Linux, MySQL, Nginx, php, Server by junichi_y Comments (1)

CentOS + Nginx + PHP +【MySQL】

「Nginx」に興味中。
HTTP サーバであり、ロードバランサーでありながら、Mail proxy の機能も持っているらしい。IMAP/POP3/SMTP をバックエンドとすることができるんだそう。

開発元がロシアだそうで、ドキュメントがロシア語。英語のドキュメントもかなり豊富なようですが、日本語のドキュメントはまだ少ないみたい。

2009年5月のネットクラフトの調査によれば、Nginx は 6,342,250 のドメインで使われており、Webサーバとしてのシェアは第5位と結構な数字に上昇中。

ということで、一発テストをしてみることにしましたよ。
実運用はしませんので、とりあえず覚書用のインストール手順書です。

構成はエントリーの題名のとおり。
正常に入ってテスト運用ができるかどうかは、やってみなくてはわかりません。
あしからず。
詳細(予定)構成は以下のとおり。

CentOS 5.3
Nginx 0.7.62
PHP 5.3.0
MySQL 5.1.38-0

ではこのエントリーでは MySQL のインストールから。

————————————————————————–

●ダウンロード用ディレクトリの用意と移動

# mkdir /opt/MySQL
# cd /opt/MySQL

●ダウンロード

# wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.1/MySQL-server-community-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm/from/http://mirror.csclub.uwaterloo.ca/mysql/
# wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.1/MySQL-client-community-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm/from/http://mirror.csclub.uwaterloo.ca/mysql/
# wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.1/MySQL-shared-community-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm/from/http://mirror.csclub.uwaterloo.ca/mysql/
# wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.1/MySQL-shared-compat-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm/from/http://mirror.csclub.uwaterloo.ca/mysql/
# wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.1/MySQL-devel-community-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm/from/http://mirror.csclub.uwaterloo.ca/mysql/

●インストール

# rpm -i MySQL-server-community-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm
# rpm -i MySQL-client-community-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm
# rpm -i MySQL-shared-compat-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm
# rpm -i MySQL-devel-community-5.1.38-0.rhel5.i386.rpm

●とりあえずログインとログアウト

$ mysql -u root -p
Enter password: (何も入れずENTER)
mysql> exit;

●mysql_updateでアップグレードの確認 (最新版でない場合とバージョン限定でない場合は行ったほうが良い)

# mysql_upgrade -u root -p
Enter password: (何も入れずENTER)

●サーバが起動しているか確認する

$ mysqladmin ping

●実行中のプロセスを確認する

$ mysqladmin processlist

●rootユーザのパスワード変更

$ mysql -u root -p
Enter password: (何も入れずENTER)
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=password(‘new-password’);
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> exit;

●my.cnfを修正した場合は、リスタートが必要です

# /etc/rc.d/init.d/mysql restart

※mysqlコマンドは、RPMでインストールした場合は“/usr/bin/mysql”として、ソースからインストールした場合には“/usr/local/bin/mysql”としてインストールされています。
rootユーザのパスワード変更は、以下でも可能

/usr/bin/mysqladmin -u root password ‘new-password’
/usr/bin/mysqladmin -u root -h localhost.localdomain password ‘new-password’

タグ: , , , , ,
Posted 2009年9月18日 12時29分41秒 in Linux, MySQL, Nginx, php, Server by junichi_y Comments (0)

IPストレージ技術「iSCSI」を試す

ネットワーク分野で最近注目のトピックの1つに、「ネットワーク・ストレージ」があります。

「ストレージといえば、サーバに接続するもの」という概念を一歩抜けて、ストレージ自体をネットワーク化することで、冗長性や拡張性、容易な管理の仕組みを実現するのですが、これは一般に「SAN(Storage Area Network)」と呼ばれており、ファイバ・チャネルという専用インターフェイスを用いて、機器同士の接続が行われていました。
ですが、高いパフォーマンスが得られる反面、価格面やエンジニアのスキルなどの問題で、普及が進みにくい、一般的ではないということもありました。

その中で登場した「iSCSI」、この技術は、従来の汎用ネットワーク・インフラを用いてSANシステムを構成できる点で注目を集めつつあります。
そこで、一般的な環境に、テスト導入を行ってみました。
● ネットワーク、100Mbps (LAN)
● サーバ設定、某 NEC デスクトップ (CentOS 5.3)
● クライアント設定、某 LENOVO デスクトップ (Windows XP)

参考サイト:
Ogawa::Buzz: 貧乏人のためのboot-from-SAN (2) iSCSI Target編

◆◆◆以下、作業手順◆◆◆

●unameコマンドを利用して,現在のカーネルのリリース情報を調べておく
 kernel の version が 2.6.14 以降しかダメらしい。

# uname -r -m

●ハードディスクのパーテーションから、
 iSCSI で使用する容量を確保する
 空き容量が無い場合は、「Linux lvm パーテション 縮小」でググり、
 lvmボリュームサイズを縮小してから下を実行のこと。

・ボリュームグループ(VG)の照会

# vgdisplay
— Volume group —
VG Name VolGroup00
System ID
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 4
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 2
Open LV 2
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size 57.16 GB
PE Size 32.00 MB
Total PE 1829
Alloc PE / Size 1750 / 54.69 GB
Free PE / Size 79 / 2.47 GB
VG UUID xH2OpL-IcW3-b65K-pZPA-ttxe-u3ER-AhpmI6

・Free PE / Size 以内で、新しい論理ボリューム(LV)を作成
 Logical Volume(iscsitest)を2GB作成する。

# lvcreate -n iscsitest -L 2G /dev/VolGroup00
Logical volume “iscsitest” created

●iSCSI Enterprise Target のダウンロードとインストール

# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/iscsitarget/iscsitarget-0.4.17.tar.gz

# tar xzvf iscsitarget-0.4.17.tar.gz
# cd iscsitarget-0.4.17

# make
# make install

・一時的に使うなら、Targetの設定だけで良い
 まず、TargetのIDとiSCSI Qualified Nameを決める必要がある。
 IDはそのiSCSIサーバでユニークな1以上の整数値で設定。
 ここでは「100」とする。
 iSCSI Qualified Nameは、グローバルにユニークである必要があるため、タイプ識別子「iqn.」、ドメイン取得日、ドメイン名、ドメイン取得者が付けた文字列、と並べる。

# ietadm –op new –tid=100 –params Name=iqn.2009-05.com.hoge.iscsi:iscsitest
# ietadm –op new –tid=100 –lun=0 –params Path=/dev/VolGroup00/iscsitest

・ietadmコマンドで行った設定は/proc/net/iet/volumeを参照することで確認可能。
# cat /proc/net/iet/volume

・恒久的に使うなら、ietd.conf を設定する。
 (この設定では認証するように設定を行っていない)

# vi /etc/ietd.conf
Target iqn.2009-05.com.hoge.iscsi:iscsitest
Lun 0 Path=/dev/VolGroup00/iscsitest,Type=fileio

●起動設定と起動
# /sbin/chkconfig –add iscsi-target
# /sbin/chkconfig iscsi-target on
# /etc/init.d/iscsi-target start

●iSCSI Software Initiator v2.07 をダウンロード (Microsoft謹製接続クライアント)

・ダウンロード
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/technologies/storage/iscsi/default.mspx

・インストール
 普通にインストール。vistaと2008サーバは、OSに含まれているのでインストール不要。

・クライアント起動
 デスクトップとコンパネに「iSCSIイニシエータ」のショートカットが作成されるので、どちらでも良いのでダブルクリックして起動。

・クライアント設定
 iSCSI InitiatorのプロパティのDiscoveryタブをクリック、Target PortalsのAddボタンをクリック。
 Add Target Portalダイアログで、iSCSIターゲットのIPアドレスorDNS名を登録、OKボタンをクリック。
 Targetsタブをクリック、TargetsにLinux側で設定したnameが表示されることを確認。
 表示されていれば、Log Onボタンをクリック。
 Log On to Targetダイアログで、自動再接続などするかを確認し、OKボタンをクリック。
 マイコンピュータ->右クリック->管理を開く。
 コンピュータの管理画面の左ツリーで、ディスクの管理をクリック。
 設定したディスクが見えればOK。
 最初は認識したディスクをパーティショニング、フォーマットすること。

コンピュータの管理

コンピュータの管理

・切断の仕方
 iSCSI InitiatorTargetsタブをクリック、Linux側で設定したNameをクリックし、Detailsボタンをクリック。
 Identifierのチェックボックスにチェック。
 Log Offボタンをクリック。

右:レノボデスクトップ 左:NECサーバ

右:レノボデスクトップ 左:NECサーバ

ネットワークのスピードと、CentOSが載ったNECマシンのハードディスクがボトルネックになり、シーケンシャルリード・ライト(いちばん上の緑の帯)が伸び悩み。
512Kのランダムリード(真ん中左の帯)はそこそこ健闘しています。512Kのランダムライトで約半分。
しかし、なんと4Kのランダムリード・ライトではかなりのスコアアップ。

ギガビットネットワークなら、数値がだいぶん違うのでしょうね。

タグ: , , , , ,
Posted 2009年5月20日 7時58分05秒 in Linux, Server by junichi_y Comments (0)

2009年のserver増設計画

server

  メーカー 商品名・型番
M/B Intel DQ45EK
CPU Intel Core 2 Duo E8400 3GHz
メモリ UMAX PULSAR DCDDR2-4GB-800 (PC2-6400-2GBx2)
HDD HGST HDS721010KLA330 (1TB cache:32MB)
ケース abee AS Enclosure 550DT ASE-550DT-S
電源 abee AS Power Silentist S-480ES (480W)
モニタ ロジテック LCM-T042A (5インチベイ内蔵4型液晶モニタ)

Windows を自作(自宅)サーバに。

以前 Windows で仕立てたサーバもいろいろな用途で使用しており、さらに世の中ではテラバイトクラスのハードディスクが値下がりしてきたこともあり、自宅サーバを増設(?)しようと上のリストを購入しました。

abee のケースは二階建てで、下のプライマリスペースには「ATX」「MicroATX」「Mini-ITX」のサイズのマザーボードが収納可能。
なので、このスペースに以前のサーバを格納。

上のセカンダリスペースへ、今回の「DQ45EK」(Mini-ITXマザー)+「Core2Duo E8400」で新設サーバを構築します。
なお、今回はストレージとして日立IBM (HGST) の HDS721010KLA330 を4台購入し、RAID 5を構築予定です。
ハードディスクをより安い日立製の「HDT721010SLA360」にしなかったのは、キャッシュが16MBと32MBの違いがスピードに出るのを多少なりとも考慮したためです。

さて、OS はCentOS 5.2 にしようと思っていますが、どうなることやら。
パーツが届き次第、レポートします。

タグ: , , , , ,
Posted 2009年1月12日 20時33分44秒 in Design Revue, Linux, Server, Windows&Customize by junichi_y Comments (1)

DELL PowerEdge4600

DELL PowerEdge4600
左:ドアオープン 右:ドアクローズCPU:Xeon 3.06Ghz ,
Memory:3GB ,
HDD:146GB*3 U320 10000rpm RAID5

DELL PowerEdge4600 という、デュアルコア Xeon 搭載の 6U / 2-way フロアスタンド、ミッドレンジビジネスサーバがうちにやって来ました。

CPU のタイプから、2003~2004年頃に販売されたものと思われますが、現状でも個人使用ではなかなかパワフルです。
さすがサーバ機であるだけに、6機の冷却ファン + 冗長化された4基の電源についている専用ファン(1基あたり2つで計8)のそれぞれがウルサイ。
さらに10000回転のハードディスク 3台がRAID構成で動いているので、さらにウルサイ。

一般家庭内での常時稼動には向きません。(笑)
サーバラックの購入をお勧めします。<普通の家庭にはビジネスサーバ自体全く必要ありません(爆)

このPE4600は、Yahoo!オークションで入手したのですが、前のエントリー「Let’s note CF-W2 が亡くなりました」で逝ってしまった CF-W2 の最後の仕事となってしまいました。

とりあえず、CentOS 5 をインストールしてみたところ、正常稼動しているので、このまま Linux でサーバ運用することにします。

デル株式会社


タグ: , , , ,
Posted 2008年3月2日 18時54分24秒 in Linux, Server, Windows&Customize by junichi_y Comments (0)

FedoraCore 5 で WLI-CB-G54HP を使う

FedoraCore 5 で、BUFFALOの無線LAN PCカード WLI-CB-G54HP を使えるように設定してみる。

まずは、「ベースシステム」→「ベース」→「NetworkManager」をインストールしておく。

$ su
# yum -y install kernel-devel

# wget http://keihanna.dl.sourceforge.net/sourceforge/ndiswrapper/ndiswrapper-1.51.tar.gz

# tar xvzf ndiswrapper-1.51

# cd ndiswrapper-1.51

# make distclean
# make
# make install

# /usr/sbin/ndiswrapper -i netcbg54.inf
# /usr/sbin/ndiswrapper -l

これで WLI-CB-G54HP が使えるようになります。
しかし、現状では暗号化されていない無線ポイントには接続できるものの、WEP等で暗号化されたポイントには接続不可です。
教えてエライ人!!

タグ: , ,
Posted 2008年2月10日 0時12分03秒 in Linux by junichi_y Comments (0)

あけましておめでとうございます2008

さようなら怒涛の2007年、ようこそ2008年。

明けましておめでとうございます。
年末に喉風邪をひいたようですが、熱が出ず、年が明けてもう三日ですがいっこうに治らないjunichi_yです。

Acer AcerPower2000-Cel420XP80 AP2000XP80年末に、某所で使用しておりました SONY Vaio PCG-C1MR/BP のハードディスクが、異音とともにお亡くなりになり、このハードディスクの救済措置(ハードディスクを取り出してまで手を尽くしたが、結局まったく機能しなかった)と、ちょうど故障の予感を感じていたため代替機として購入していたニューマシン AcerPower2000 (AcerPower2000-Cel420XP80) のセットアップを余儀なくされ、バタバタの日々が続いておりました。

バタバタが一段落したので、この PCG-C1MR/BP の1.8インチハードディスクを換装し、Linux を入れてやろうと画策中。

なので、本日はお正月・2008年の第一発目のエントリーにもかかわらず、Linuxインストールのレポートという奇想天外をマッタリとお送りいたします。

さて、インストールのターゲットとしているLinuxのディストリビューションは、

しかし、Vaioシリーズに用意された純正CD-ROMドライブ PCGA-CD51/A は、各ディストリビューションのインストーラで boot はするものの、インストーラ起動後には PCMCIA カードのドライバを要求し、CD-ROMドライブが認識されなくなるという不可思議な現象に陥るため、ネット上をググったところ、

  • CentOS と Fedora では、
    boot: linux ide2=0×180,0×386
  • Ubuntu では、
    initramfsとなって止まる

とか、いろいろ情報が出てきて、先人達と同様ドライブを一向に認識しないため、CDメディアからのインストールを断念。
次に ftp インストールを CentOS と Fedora にて断行。インストーラは走り出したものの、ハードディスクのパーティション作成終了後にトランザクションエラーにて終了。

はぁ。
インストールだけでこんなにうっとうしい機種も珍しいです。

どうしたら入ってくれるの?
教えてエライ人!!

  • 追記 : 2008/01/04 23:41
    Fedora 5 にて、以下のコマンドでトランザクションエラーが出ずネットワークインストールが進行中。検索キーワードとしては、「crusoe」「i586」でした。
    boot: linux rpmarch=i586
    ただし、CentOS 5.1ではエラーにて不可。
  • 追記 : 2008/01/06 01:10
    X-windowの設定。
    C1のディスプレイは「1280×600」という特殊なサイズのため、/etc/X11/にあるX-windowのコンフィグファイルを修正する。
    “600×480″とか”800×600″の表記があるところに、”1280×600″を追加し、X-windowを再起動する。
  • 追記 : 2008/01/07 02:25
    FedoraCore 5 → 6 にアップグレード。
    fedora-releasefedora-release-notes をダウンロード。
    # rpm -Uvh fedora-release-notes-6-3.noarch.rpm fedora-release-6-4.noarch.rpm
    # yum update rpm¥* yum¥*
    # yum clean all
    # yum upgrade

    依存関係で何も問題が無ければ、このあと[y/n]を聞いてくるので「y」キー入力する。
    依存関係で問題が起きた場合は個別対処のこと。

  • 追記 : 2008/01/07 10:40
    FedoraCore 6 にアップグレード後、ブート時に gnome setting deamon だか、gnome setting manager だかでエラーが発生。FedoraCore 5 のカーネルで立ち上げても同様の結果に。他のサービス等は正常に起動するので、設定次第でどうにでも修正できるとみたが、調べるのも面倒なので、FedoraCore 5 のクリーンインストールをし直すことにし、本件終了。
タグ: , , , , , , ,
Posted 2008年1月3日 15時15分05秒 in Junichi Diary, Linux, Windows&Customize by junichi_y Comments (4)

Windows を自作(自宅)サーバに。

各種必須サーバ(ソフトウェア)のダウンロード先

いわゆる WAMP (Windows + Apache + MySQL + PHP) でサーバを構築・設定するにあたって詳しく説明のある参照先

タグ: , , , , , ,
Posted 2007年6月9日 21時22分11秒 in Apache, Linux, MySQL, php, Server, Windows&Customize by junichi_y Comments (0)

Get Adobe Flash player