キッザニア東京

sbsh0124.jpgsbsh0139.JPGsbsh0129.JPG
sbsh0130.JPGsbsh0128.JPGsbsh0131.JPG

ついに行ってまいりましたーー。

キッザニア東京

土日は完全予約のみの入場と激混みのウワサのキッザニア。
当日券のある平日は仕事があるのでなかなか行けなかったキッザニア。
大人はほとんど何も参加できないのに入場料¥2000かかるキッザニア。
とにかく、働く主婦と保育園児には、ひっじょーに敷居が高いキッザニア。(しつこい)
しかし、あまりにも魅力的な子供の楽園。おしごと天国!

まあ、とにかく、念願かなって行ってきました。仕事休んで平日に。
感想は・・・親子で気絶しそうなくらい楽しんでまいりましたっ!
こんなに面白くて親子二人で¥5000はお安いのかもしれませんわよ、奥様。

今回娘は、「リクルートエージェント」でお仕事を紹介してもらい「パン工場」「ファッションデザイナー」「マジシャン」を体験。「銀行」で口座とキャッシュカードを作ってお財布をもらい、ATMでお金も下ろしてみました。車の免許を取ろうとしましたが、身長が微妙に足りずに断念(110cm以上)。稼いだお金(キッゾ)でデパートで買い物しようにも、お金が少なくてこれも断念。(お金を稼ぐって大変なんだわ~。)
しかし、平日でもかなりの混みよう。小学校や幼稚園の団体さんも多く、パビリオンは平日でも30分~90分待ちは確実です。待ち時間が無い(人気の無い)お仕事でも体験に30分以上はかかるので、4時間の入れ替え時間内にうまくまわれて何とか4つ体験できるかな?という感じです。

もちろん、おしごと体験は子供のみ。一部、親が入場できるショータイプのお仕事もありますが、基本的に親は窓の外からじーっと見学です。保護者向けの休憩室等も準備されていますが、子供が小さいうちは場所を探す手助けや、長い待ち時間の付き添いは必要ですねー。何人か仲良しのお友達と行ったとしても、相手に合わせたりどこに行くか話し合ったりしてるうちに、時間がなくなってしまいます。行く前にネットでやりたいお仕事を決めておいて、場内入ったら「解散!」がうまくまわれるコツかもしれません。ビデオやカメラでの撮影は自由にできるので、ぜひ持って行きましょう。私は忘れたので、携帯でチマチマ撮影しました(泣)
場内かなり歩き回るし、小さい子の親は4時間ほぼ立ったままなので楽な靴で。
高いヒールは地獄を見ます(笑)。

さあ、次はいつ行こうかな?いえ、行けるかな?ですね。

タグ: , , ,
Posted 2008年2月25日 16時30分57秒 in Turbo Diary by turbo Comments (3)

IKEA イケア

そういえば、私も新しくなってからまだ書き込みしておりませんでした。

実はわたくし、今年日本にオープンした何かと話題の「IKEA(イケア)」のファンです。

北欧のデザインでアジアの価格のスウェーデンの大手家具店。
とにかく広大!おしゃれ!低価格!
現在は船橋店、港北店があり、神戸にも一店舗できるといううわさです。
下のリンクから品揃えを見てみてください。びっくりするほどお安いですから。
(通販はしてないようです)

IKEA・ジャパン

家具店といっても、インテリア雑貨やキッチン用品、ファブリック、食品等もあって、
広大な店舗をじっくり見て歩いていたらどちらの店舗も6時間くらい経ってしまいます(^-^;)。
キッズ家具のエリアは国内製品にはないセンスで本当にカワイイものばかり。
娘はなかなか離れようとしないし、私達はあれこれ考えながらじっくり見てるし、
商品数も膨大だし、あっという間に6時間・・・。
インテリア好きにはたまらないお店ですが、帰る頃には全員ヘトヘトです。
でも、子供も大人も飽きさせない店舗作りには本当に感心しました。

子供には保育士の居る託児所も用意されています。
大人は一歩も入れない子供だけのエリア。
あそこで遊べるなんて、子供がうらやましい。
でも、ボールプールのため身長制限が100cm~135cmまでなので、
ぎりぎり足りないうちの娘は入れなくて涙をのんで諦めているのでした。
5㎜でも足りないと入れてもらえないのです。
いっぱいご飯食べて大きくなろうね。

低価格のために、ここの家具はちょっと変わった買い方をすることになります。

展示スペースで見た家具の品番をメモしておき、最後に巨大な倉庫スペースで台車に乗せて、
どんなに大きな物でも自力でレジまで運びます。
梱包は最小限。組み立ても自分でします。
買った小物を持ち帰る袋も自前で用意するか、販売されている買い物バックを購入します。
店員さんも最小限のようで、聞きたい事があってもなかなかつかまらない…(_ _;)
配送や組み立てのサービスもありますが、割安感が薄れるので利用したことはありません。

ここの商品、あまりにお安い物は、やっぱり品質もお安くて、とてもオススメできません。
それに家具類は家に持ち帰って梱包を解いてからしか部品の確認ができないので、
これも非常に困る。ネジが足りない!なんてのは結構あるのです。
反対に、じゃらじゃらネジが多すぎたりなんて事も(笑)。
問題があったときも、店舗に足を運んで交換してもらう事になるので、
かなり面倒で腹が立ちます。
日本的な手厚いサービスは、外資なので期待しても無理なようです。

でも、買い物しなくても楽しめる店舗作りや、
レストランのおいしいメニューなど(ミートボールが美味!)魅力がたっぷりのお店です。
インテリア好きの方は少々遠方でも覗いてみる価値はあると思いますよ。

写真は左から キッズ家具の一例、シャンデリア、倉庫の一角です。

ikea

タグ: , , ,
Posted 2006年12月13日 17時27分12秒 in Turbo Diary by turbo Comments (6)

おしごと体験タウン キッザニア

2006年秋、こどものためのおしごと体験タウン キッザニアが東京・豊洲にやってくる!

キッザニア ジャパン : Kidzania Japan

キッザニアは、こどもがいろいろなおしごと、社会体験にチャレンジして楽しんでいく新しい形のテーマパークです。
1999年にメキシコでオープンしたキッザニアは、その楽しさで現地のこどもたちに大人気に。小学校の課外授業としても取り入れられ、教育的効果も各方面で注目されています。
そんな話題のテーマパーク「キッザニア」が2006年秋、日本に上陸します!

50のパビリオンの中からおしごと、社会体験選び!店員もこども。お客もこども!
キッザニアは、現実社会そっくりのこどもの街。
施設内には、空港、テレビ局、新聞社、警察、消防署、病院、獣医、銀行、美容室、お菓子工場、コンビニなど約50種類のパビリオン(お店や仕事場の施設)がこどもサイズで立ち並んでおり、こどもたちは自分の興味のあるパビリオンで、おしごとや社会体験にチャレンジできます。

働いたら、お金(キッゾ)が貰えるそうです。

こんなの小学生時代に有ったら、
きっと社会への夢が膨らんで良かっただろうと思います。
課外授業だなんて、最適!ではないですか。
是非行ってみたいなー。
しかし大人は通路スペースからこどもを見守るだけで、
場内には入れないそうです。Σ(;゚□゚)ガーン!!

タグ: , , ,
Posted 2006年2月23日 16時15分38秒 in Design Revue by junichi_y Comments (3)

大江戸温泉物語

お台場にある「日本最大の温泉テーマパーク」なるものです。
まえまえから気になっていましたが、先日ついに行ってきました。

大江戸温泉物語

どこを向いても江戸江戸江戸!(笑)

仕事を終えて、子供を保育園に迎えに行きその足でお台場へ。
18:00からのナイター料金(大人¥1980)で入りました。子供は4歳未満なので、無料。
お金を払って、好きな柄の浴衣を選んで、着替えたら館内へGO!
(幼児用の甚平も¥300ほどで貸してくれます。)

中は、縁日の夜店が連なるような感じで、わたあめやラムネがあったり
駄菓子屋があったり、射的があったり・・・入っただけでわくわく楽しい!

はっ!と気が付くと、周りは日本語しゃべってる人がいない!
どうやら台湾の観光客の人たちが沢山いたようで・・・。
それもなせか若い女性ばっかり。白人の観光客もかなりいました。
外人さんには相当面白い場所でしょうねー。ほんっとに楽しそう。

お風呂は女湯の方が充実してるようです。
露天風呂も屋内のお風呂もいくつも湯船があり、
子供と二人で次はあれ!今度はあそこ!と
全部入ってたら、あがって着替え終わるまで小1時間かかりました。
その間、パパは休憩室でまったりしてたようで。(^-^;)

その後食事して、ぶらぶらして子供が眠そうになってきたので帰宅。
お台場はちょっと遠いので、運転のパパはかなり疲れたようです。
ゆっくり時間が取れる人は、金曜の夜入ってそのまま朝まで泊まっても
いいかもしれませんねー。実際、そんな感じの若い女性客が何組もいましたよ。

江戸がテーマなのに、なぜか入り口近くのお土産屋は「韓流スターショップ」で
かなり不思議空間でした。(笑)

タグ: , ,
Posted 2005年7月13日 11時23分56秒 in Turbo Diary by turbo Comments (5)

Get Adobe Flash player