IPストレージ技術「iSCSI」を試す

ネットワーク分野で最近注目のトピックの1つに、「ネットワーク・ストレージ」があります。

「ストレージといえば、サーバに接続するもの」という概念を一歩抜けて、ストレージ自体をネットワーク化することで、冗長性や拡張性、容易な管理の仕組みを実現するのですが、これは一般に「SAN(Storage Area Network)」と呼ばれており、ファイバ・チャネルという専用インターフェイスを用いて、機器同士の接続が行われていました。
ですが、高いパフォーマンスが得られる反面、価格面やエンジニアのスキルなどの問題で、普及が進みにくい、一般的ではないということもありました。

その中で登場した「iSCSI」、この技術は、従来の汎用ネットワーク・インフラを用いてSANシステムを構成できる点で注目を集めつつあります。
そこで、一般的な環境に、テスト導入を行ってみました。
● ネットワーク、100Mbps (LAN)
● サーバ設定、某 NEC デスクトップ (CentOS 5.3)
● クライアント設定、某 LENOVO デスクトップ (Windows XP)

参考サイト:
Ogawa::Buzz: 貧乏人のためのboot-from-SAN (2) iSCSI Target編

◆◆◆以下、作業手順◆◆◆

●unameコマンドを利用して,現在のカーネルのリリース情報を調べておく
 kernel の version が 2.6.14 以降しかダメらしい。

# uname -r -m

●ハードディスクのパーテーションから、
 iSCSI で使用する容量を確保する
 空き容量が無い場合は、「Linux lvm パーテション 縮小」でググり、
 lvmボリュームサイズを縮小してから下を実行のこと。

・ボリュームグループ(VG)の照会

# vgdisplay
— Volume group —
VG Name VolGroup00
System ID
Format lvm2
Metadata Areas 1
Metadata Sequence No 4
VG Access read/write
VG Status resizable
MAX LV 0
Cur LV 2
Open LV 2
Max PV 0
Cur PV 1
Act PV 1
VG Size 57.16 GB
PE Size 32.00 MB
Total PE 1829
Alloc PE / Size 1750 / 54.69 GB
Free PE / Size 79 / 2.47 GB
VG UUID xH2OpL-IcW3-b65K-pZPA-ttxe-u3ER-AhpmI6

・Free PE / Size 以内で、新しい論理ボリューム(LV)を作成
 Logical Volume(iscsitest)を2GB作成する。

# lvcreate -n iscsitest -L 2G /dev/VolGroup00
Logical volume “iscsitest” created

●iSCSI Enterprise Target のダウンロードとインストール

# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/iscsitarget/iscsitarget-0.4.17.tar.gz

# tar xzvf iscsitarget-0.4.17.tar.gz
# cd iscsitarget-0.4.17

# make
# make install

・一時的に使うなら、Targetの設定だけで良い
 まず、TargetのIDとiSCSI Qualified Nameを決める必要がある。
 IDはそのiSCSIサーバでユニークな1以上の整数値で設定。
 ここでは「100」とする。
 iSCSI Qualified Nameは、グローバルにユニークである必要があるため、タイプ識別子「iqn.」、ドメイン取得日、ドメイン名、ドメイン取得者が付けた文字列、と並べる。

# ietadm –op new –tid=100 –params Name=iqn.2009-05.com.hoge.iscsi:iscsitest
# ietadm –op new –tid=100 –lun=0 –params Path=/dev/VolGroup00/iscsitest

・ietadmコマンドで行った設定は/proc/net/iet/volumeを参照することで確認可能。
# cat /proc/net/iet/volume

・恒久的に使うなら、ietd.conf を設定する。
 (この設定では認証するように設定を行っていない)

# vi /etc/ietd.conf
Target iqn.2009-05.com.hoge.iscsi:iscsitest
Lun 0 Path=/dev/VolGroup00/iscsitest,Type=fileio

●起動設定と起動
# /sbin/chkconfig –add iscsi-target
# /sbin/chkconfig iscsi-target on
# /etc/init.d/iscsi-target start

●iSCSI Software Initiator v2.07 をダウンロード (Microsoft謹製接続クライアント)

・ダウンロード
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/technologies/storage/iscsi/default.mspx

・インストール
 普通にインストール。vistaと2008サーバは、OSに含まれているのでインストール不要。

・クライアント起動
 デスクトップとコンパネに「iSCSIイニシエータ」のショートカットが作成されるので、どちらでも良いのでダブルクリックして起動。

・クライアント設定
 iSCSI InitiatorのプロパティのDiscoveryタブをクリック、Target PortalsのAddボタンをクリック。
 Add Target Portalダイアログで、iSCSIターゲットのIPアドレスorDNS名を登録、OKボタンをクリック。
 Targetsタブをクリック、TargetsにLinux側で設定したnameが表示されることを確認。
 表示されていれば、Log Onボタンをクリック。
 Log On to Targetダイアログで、自動再接続などするかを確認し、OKボタンをクリック。
 マイコンピュータ->右クリック->管理を開く。
 コンピュータの管理画面の左ツリーで、ディスクの管理をクリック。
 設定したディスクが見えればOK。
 最初は認識したディスクをパーティショニング、フォーマットすること。

コンピュータの管理

コンピュータの管理

・切断の仕方
 iSCSI InitiatorTargetsタブをクリック、Linux側で設定したNameをクリックし、Detailsボタンをクリック。
 Identifierのチェックボックスにチェック。
 Log Offボタンをクリック。

右:レノボデスクトップ 左:NECサーバ

右:レノボデスクトップ 左:NECサーバ

ネットワークのスピードと、CentOSが載ったNECマシンのハードディスクがボトルネックになり、シーケンシャルリード・ライト(いちばん上の緑の帯)が伸び悩み。
512Kのランダムリード(真ん中左の帯)はそこそこ健闘しています。512Kのランダムライトで約半分。
しかし、なんと4Kのランダムリード・ライトではかなりのスコアアップ。

ギガビットネットワークなら、数値がだいぶん違うのでしょうね。

タグ: , , , , ,
Posted 2009年5月20日 7時58分05秒 in Linux, Server by junichi_y Comments (0)

Windows XP Service Pack 3 の対応状況調査

XPのSP2を適用するのはだいぶん躊躇したのですが、SP3の情報を集めていたところ、今までのパッチの集大成的なものであり、Windowsの挙動自体を大きく変えてしまうものではないようであったため、勢いに任せてウチ中のWindows XP (Pro)にパッチを当てまくりました。

以下に各ソフトウェアのSP3への対応状況を…と思ったのですが、今のところ動かないソフトはありません。
よって以下は稼動確認ソフトのリストということになります。

その他、外部サイトからの情報

こだるま日和 : XP SP3 をインストールしてみた
http://isly.sub.jp/kodaruma/2008/05/xp-sp3.html
より
カスタマイズ系ソフト
PachXP SP3

追記 :AMDマシンをご使用の方は SP3の適用を見合わせた方が良いようです。
XP SP3導入後にAMDベースマシンで問題–リブートが繰り返し発生

タグ: , , , , ,
Posted 2008年5月12日 0時53分38秒 in Apache, MySQL, php, Server, Windows&Customize by junichi_y Comments (5)

Get Adobe Flash player