読まず嫌い

食わず嫌いならぬ 読まず嫌い。
有名作家でいうと 村上龍とか山田詠美なんかが 私にとっては そう。

今話題の『13歳のハローワーク』とか
随分 昔のだけど  『すべての男は消耗品である』なんていうタイトルには
グラリとくるけれど それでも 村上龍氏の本を読んだ事がない。

山田詠美については 昔 姉の本棚にあった数冊を拝借して
読んだ記憶があるけれど そのときは ピンとこなかった。
以来 ず~っと 手にとることはなかったのだけど…。

この週末 図書館で 山田詠美の対談集を借りてきた。

『山田詠美 対談集 メンアットワーク』というその本は
1998年に出版されたものだけど なかなか 面白くて
通勤電車で読んでいると 1時間弱があっという間に感じられるほど。

石原慎太郎との対談の中で 石原氏が 村上春樹(注:龍じゃないよ)の小説を
「あれは どうも退屈だ」という。
山田氏は「私と村上春樹の読者が重なっていないことは確かね」と。
う~ん、鋭い。そうだったのか。
私は 断然 村上春樹派です☆

村上春樹にも 確かに 退屈な作品はあって
どうしても読み通せないのが 実は あるけれど
繰り返し読みたいと思わせる 作品が多いのも 彼。

でも この対談本を読むうちに
山田詠美の小説を ちゃんと 読んでみたくなった。

図書館で(笑) 借りてこようっと。

タグ:
Posted 2004年3月2日 18時10分29秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (0)

親知らずを抜く!

今日は ドキドキしながら 歯医者さんへ。

緊張していたためか ハンカチを手に持つのも忘れて 診療台に…。
なぜか せんせいの声が いつもより優しく感じられる。

最初に 奥歯に 何か挟んでから
(多分 軽く 感覚を鈍らせるようなものかな?ちょっと苦かった)
麻酔を打つ。

で…麻酔が効いてくるまで待つ間 せんせいとお話していたら
急に 心臓が バクバクパク…と速くなってきた。
思わず 喋るのを止めて フゥ~と大きく息を吐いたら
せんせいが 「気分が悪い?」と聞いてくる。

どうやら そのとき 私の顔色は血の気がひいて 白かったらしい。
せんせいが 「ちょっと顔色がね…」と言って 頭の部分を低くしてくれる。

「血圧が ふだんから低いんで…」と
この状況と 関係あるのかないのか よく分からんが 言ってみる。

せんせいがおっしゃるには 麻酔薬は 血管を収縮させるらしい。

で…血圧の話などをするうちに 気分も落ち着き
麻酔も回ってきたという事で いよいよ 抜歯!

「ちょっと 押される感じがしますよ~」「痛かったら 手をあげて下さいね」
などと言われるが 全然 何ともないので
(やっぱり 奥の歯だから 時間がかかるだろうなぁ~。まだまだかな~)
なんて思っていると
「もうすぐ 抜けますからね」
…その時 スポッ!
(え?もしかして もう抜けたの?)と思ったら
「抜けましたよ~」とせんせい。

(な~んだ!よかった~)と思っていたら 今度は なにやら 糸が口の中に…。
縫うんですね~~~。 結構 これが 大変そうでありました。

でも そのお陰なのか 思ったよりも出血も少なく 今のところ イイ感じ。
明日 もう一度 消毒?してもらいに行かなきゃならないのだけど☆

我ながら ホント大袈裟で お恥ずかしいですが…。
いや~抜くまで コワカッタ!!

タグ:
Posted 2004年2月26日 19時17分03秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (3)

綾戸智絵

今夜は サントリーホールへ 綾戸智絵を聴きに行った。

いや~綾戸智絵 最高☆
音楽は 期待以上に素晴らしく(まだ 余韻が…)
すご~くチャーミングな人でした。

行く前は あのトークに元気がもらえたらいいなと思う一方で
逆に スゴ過ぎて 引いてしまうかも…と 少し心配したのだけど 絶妙♪

なんだか明日から また頑張れそう~☆

タグ: ,
Posted 2004年2月25日 23時28分32秒 in Music Revue, Sweetpea Diary by sweetpea Comments (2)

号泣する準備はできていた

江國香織著『号泣する準備はできていた』を読んだ。
これって 12篇からなる短篇集だったんですね。

私の読書時間は 通勤電車の中と夜 眠りに落ちる前。
ここ数日 2~3話ずつ 楽しみにしながら読んだ。

決して 感情移入して読む文章ではなくて 淡々としているけれど
読んでいて ああ、分かると 随所で思う。

研ぎ澄まされた感性で そしてさすが小説家だなと思う巧みな表現力で
この言葉!と 思わず 線を引きたくなるような(引かないけどね)
そういう文章の書ける人だと思う。

職場で この本が話題になった時 「題名から 読む気がしない」とか
「江國香織って 後ろ向きな感じがする」と散々だったけど…(笑)
確かに そこはかとなく ある哀しみを たたえているけれど
私は この人の繊細な感性は 結構好き。

彼女の本で 『いくつもの週末』も おすすめです。

タグ:
Posted 2004年2月23日 18時37分53秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (2)

うどんで モメる?

今日のお昼は 簡単に おうどんにしたのだけど…
夫は 関東人。 私は 関西人。

作る人は 私なので うどんのおつゆは 当然 関西風。
かつおだしで 色は薄い。

でも 夫は 関東風のうどんが食べたいらしい。
「今度から うどんの時は 関西風と関東風を 交互にしよう!」などと
提案してくる。

東京では 私は 外食で うどんは ほとんど食べない。
最初は どんなものかと思って 食べたりもしたけれど
あの濃いだしと うどんの組み合わせは 私の中では ×なのだった。

関西は うどん 関東は 断然 おそばが おいしいと思う!

さて今度 うどん作る時は 彼の希望を取り入れるべきか?
たかが うどんのだし!と思いつつも ゆずれない問題だったりする?(笑)

・・・これを書きながら 結論が出た。
今度から 2つ別々に作ろうっと!

タグ:
Posted 2004年2月21日 16時20分11秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (4)

親知らず

先週から 歯医者さん通いをして 下の親知らずを抜いたほうがいいと勧められた。
でも抜いたら 3日間は 痛むかもしれないというので すっかり怖気づいてしまった私。
どうするべきか悩んでいたけれど 確かに邪魔な歯で よく ものが挟まるし…と
とうとう来週 抜くことを決意!

実は 5年ぐらい前に 上の親知らずを1本抜いたことがあるのです。
でも その抜いた時の感触の悪さから 残りの歯は もう抜かないぞ!と
思ったんだけどね…。諸行無常(?)なのだった。

でも 上よりも下の歯のほうが 大きいし 痛そう~!!!というのは素人でもワカル。
歯医者さんの麻酔も 嫌いだ!
ああ、どうなることやら…。

タグ:
Posted 2004年2月19日 13時28分42秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (6)

映画漬けの日々

最近 なぜこんなにも映画をよく観るようになったかというと
家から歩いて10分の所に 映画館があるということが その最大の理由。
ちょくちょく見に行くうちに 映画の面白さに目覚めてしまった☆

昨日は テレビだけど(NHK BS)『或る夜の出来事』をやっていたので観て
今日は 会社帰りに 川崎駅で途中下車して 韓国映画『ラブストーリー』を観た。

『或る夜の出来事』
…あまりの名作なので ☆をつけたりしたら お叱りを受けそうですが ☆☆☆☆☆

古い映画で 私が好きなのは この『或る夜の出来事』と『ある愛の詩』!
ベスト1、2を争うなぁ~。

ストーリーを簡単に言えば 家出中の大富豪の娘と新聞記者(クラーク・ゲーブル)が
ニューヨーク行きの長距離バスに乗って出会い旅をするうちに 恋に落ちる話。
そのバスでの移動中 モーテルの相部屋に1泊する事になり
相部屋の ベッドを仕切るために ロープに毛布をかけて「ジェリコの壁」を作る。
昔 高校生ぐらいの時に一度観て この毛布で作った壁が みょうに 印象に残って…。
ラストシーンは ふふふ♪と 少し気恥ずかしくなる。
とても楽しくて素敵な映画なのでした。

(「ジェリコの壁」=要塞の壁。決して崩れないものの例えで 旧約聖書に出てくるそうな。 正確には「イェリコ」の発音が近いらしい)

『ラブストーリー』…☆☆☆☆

これは 韓国映画という事で 見に行きたかったんですね。
映画館で号泣したら恥ずかしいなぁ~なんて思っていましたが
さすがに そんな事は ありませんでした。

でも やはり ココロに ひたひたと染み入る映画でした。
「冬のソナタ」にしてそうだけど すごく純粋なんですね~。
オトナになるにつれて いつの間にか汚れてしまった私のココロが洗われるような
そんな気がするのでした(笑)

たまには 今日みたいに 寄り道して映画を観て帰るのもいいものだなぁ~と。
途中下車すると通勤時間が短く感じられるし 川崎は 水曜日がレディースデーで
お得なのでした☆ なんだか ラッキーな気分☆

タグ:
Posted 2004年2月18日 21時11分04秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (6)

アネモネ

最近、我が家の仲間入りをしたアネモネ♪今日の春一番に煽られて折れてしまいそうだったので急いで室内へ避難させる。私がズボラなため?生命力の強いものしか生き残れない我が家の植物たち・・。来年も咲いてね~。

タグ:
Posted 2004年2月14日 16時55分38秒 in Sweetpea Diary by sweetpeamob Comments (0)

最近観た映画について

(☆は 5段階評価です)

「半落ち」・・・☆☆☆

「ラブ・アクチュアリー」・・・☆☆☆☆

ネタバレ ご注意!

「半落ち」

原作は 読んでないけど 寺尾聰の演技が気になって 観にいってきた。
(寺尾聰って ちょっと間違えると 小汚いおじさんだけど
…寺尾さんゴメンナサイ。 演技力が確かで渋い俳優さんだと思う)

テーマが ずっしり重い。
骨髄バンクのこととか アルツハイマー、介護問題…
いっぱい考えさせられた。
ミステリーという感じでは なかったなぁ~。
人間の根源的な部分を問うているというのか。

たくさんの人が観に来ていて 会場からも すすり泣く声が…。
私も 泣かされました。

「ラブ・アクチュアリー」

個人的に ヒュー・グラントの甘いマスクが好きなので 観にいったのですが
幾つかの話が 同時に展開、進行していくので
前半 それぞれのストーリーが見えてくるまでが ちょっと しんどい。
ヒュー・グラントが英国首相というのも ご愛嬌ですね。

そして 記者会見のシーンで 米大統領にハッキリ物を言う姿勢は
ブレア首相への 強烈な嫌味であり メッセージなんでしょうかねぇ~。

そうそう ミスター・ビーンこと ローワン・アトキンソンが
宝石店の店員で おいしい役をやってて 笑いを誘います。
というか彼がスクリーンに出てきた時点で すでに笑いが起きました。

それぞれの恋と愛のお話が ロマンティックで
ホロリとさせられるところもあって いい映画でした。

観た後 ココロがほんわかして 幸せな気持ちになります。
オススメです♪

タグ:
Posted 2004年2月13日 18時14分32秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (0)

美しき日々

今日の「美しき日々」(NHK BS 毎週木曜放送中)は
かなり泣けて ティッシュが手放せなかった~。
今までで一番よかった。
泣きすぎて目がはれそうだ~。

今までは あまりのオーバーな演出に感情移入できずに つい笑ってしまう事もあったけど!
(少し前に放送された プロポーズのシーンは すごかった。
詳しくは「ふんわり堂」さんが 書かれています)
 

冬ソナのNHK総合での再放送もまたある事だし
当分 私の韓国ドラマ熱は 冷めそうにもないけれど
最近 女性週刊誌で ペ・ヨンジュンが載っていたりするようで
なんだか 興ざめするのは 私だけ?

ペ・ヨンジュンに 女性週刊誌など 似合わない~。
オトナ向けのファッション雑誌に登場して頂きたいわ~。

タグ:
Posted 2004年2月12日 23時21分52秒 in Sweetpea Diary by sweetpea Comments (2)

Get Adobe Flash player