ubuntu の SSH は使いにくいのだ

9.10 だけの話ではなく、ubuntu のデフォルトの SSH は、vim-tiny らしいのです。

何が問題かと言いますと、ターミナルを起動し、vi コマンドを実行。
i キーを押して挿入モードに入ったあと、上下左右のカーソルを押してもカーソルが動かず、A~Dなどの文字が入力されてしまい、カーソルを移動させることができません。

コレは不便!!

EeePC 901/XP はSSD の容量が少ないので、可能な限りコンパクトな解決方法を…と探していたところ、やはり vim を入れるのが良いみたい。
( vim-full はいろいろと余計?なモノまで入ってしまうのでパス)

$ sudo apt-get install vim

初期の設定ファイルでは、rootでのログインが有効になっているのでこれを無効にしておく。

$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

# PermitRootLogin yes ←コメントアウト
PermitRootLogin no ←追記

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

タグ: , , ,
Posted 2009年11月4日 0時05分06秒 in Linux, Server by junichi_y Comments (1)

Karmic KoalaをEeePC 901/XPにインストール

ubuntu 9.10 (Karmic Koala:霊的なコアラ) が2009年10月29日予定通りにリリースされました。
(日本のローカルコミュニティチームによる日本語ローカライズ版は本日ただ今現在でリリースされていません。)
同時に、Netbook用のパッケージ、ubuntu 9.10 netbook remix ( ubuntu-9.10-netbook-remix-i386.iso ) もリリースされましたので、こちらを Eee PC 901/XP にインストールしてみました。

関連リンク
Ubuntu Home Page
Download Ubuntu
Download Ubuntu Netbook Remix
Ubuntu Japanese Team
UNetbootin

上の関連リンクから、まずは、ubuntu-9.10-netbook-remix-i386.iso をダウンロード。
次に、UNetbootin をダウンロード。

UNetbootin は、さまざまなOSのインストールパッケージをWebから取得してUSBメモリなどの外部メディアに書き込み、起動可能なインストールメディアを作成できるソフトで、Windows 2000/XP/Vistaなどに対応するフリーソフト。
対応するOSは、「Ubuntu」「Fedora」「Debian」「CentOS」といった有名なLinuxの各種ディストリビューションに加え、「FreeBSD」「NetBSD」など合計25種類。ネットブックなどCDドライブを内蔵しないPCで、いろんなOSを試してみたいというユーザーにはいちいちCDを焼かずに済むので超お勧め。
さらに、ISO形式のイメージファイルやフロッピーディスクのイメージファイルの書き込みにも対応しているので、本ソフトがインストーラーの自動取得に対応していないOSのインストールメディアも作成可能。

UNetbootin で ubuntu-9.10-netbook-remix-i386.iso を読み込み、USBブート可能なUSBメモリを作ったら、Eee PC 901/XP の BIOS設定で USBメモリからブートを設定し、先のUSBメモリを挿入し起動。
後はインストーラが立ち上がれば問題無し。
(Ubuntuのインストールについては、他のページを検索してください。)

無線LANもデフォルト(プロプライエタリなドライバ)で正常に認識し、手間取るところは全く無し。
非常に導入が簡単になりました。

追記:
インストールの際、今後のアップデートや Ubunto を再インストールする際の煩雑さも考慮して、Primary の 4GB SSD にホーム(/home)を作って ext4 でフォーマット、Secondary の 8GB SSD を 7GB と 1GB にパーティションを分け、7GB の方をルート(/) にしてext4 でフォーマット、残りの 1GB を swap としてみました。

タグ: , , ,
Posted 2009年11月3日 14時03分13秒 in Linux, Windows&Customize by junichi_y Comments (0)

あけましておめでとうございます2008

さようなら怒涛の2007年、ようこそ2008年。

明けましておめでとうございます。
年末に喉風邪をひいたようですが、熱が出ず、年が明けてもう三日ですがいっこうに治らないjunichi_yです。

Acer AcerPower2000-Cel420XP80 AP2000XP80年末に、某所で使用しておりました SONY Vaio PCG-C1MR/BP のハードディスクが、異音とともにお亡くなりになり、このハードディスクの救済措置(ハードディスクを取り出してまで手を尽くしたが、結局まったく機能しなかった)と、ちょうど故障の予感を感じていたため代替機として購入していたニューマシン AcerPower2000 (AcerPower2000-Cel420XP80) のセットアップを余儀なくされ、バタバタの日々が続いておりました。

バタバタが一段落したので、この PCG-C1MR/BP の1.8インチハードディスクを換装し、Linux を入れてやろうと画策中。

なので、本日はお正月・2008年の第一発目のエントリーにもかかわらず、Linuxインストールのレポートという奇想天外をマッタリとお送りいたします。

さて、インストールのターゲットとしているLinuxのディストリビューションは、

しかし、Vaioシリーズに用意された純正CD-ROMドライブ PCGA-CD51/A は、各ディストリビューションのインストーラで boot はするものの、インストーラ起動後には PCMCIA カードのドライバを要求し、CD-ROMドライブが認識されなくなるという不可思議な現象に陥るため、ネット上をググったところ、

  • CentOS と Fedora では、
    boot: linux ide2=0×180,0×386
  • Ubuntu では、
    initramfsとなって止まる

とか、いろいろ情報が出てきて、先人達と同様ドライブを一向に認識しないため、CDメディアからのインストールを断念。
次に ftp インストールを CentOS と Fedora にて断行。インストーラは走り出したものの、ハードディスクのパーティション作成終了後にトランザクションエラーにて終了。

はぁ。
インストールだけでこんなにうっとうしい機種も珍しいです。

どうしたら入ってくれるの?
教えてエライ人!!

  • 追記 : 2008/01/04 23:41
    Fedora 5 にて、以下のコマンドでトランザクションエラーが出ずネットワークインストールが進行中。検索キーワードとしては、「crusoe」「i586」でした。
    boot: linux rpmarch=i586
    ただし、CentOS 5.1ではエラーにて不可。
  • 追記 : 2008/01/06 01:10
    X-windowの設定。
    C1のディスプレイは「1280×600」という特殊なサイズのため、/etc/X11/にあるX-windowのコンフィグファイルを修正する。
    “600×480″とか”800×600″の表記があるところに、”1280×600″を追加し、X-windowを再起動する。
  • 追記 : 2008/01/07 02:25
    FedoraCore 5 → 6 にアップグレード。
    fedora-releasefedora-release-notes をダウンロード。
    # rpm -Uvh fedora-release-notes-6-3.noarch.rpm fedora-release-6-4.noarch.rpm
    # yum update rpm¥* yum¥*
    # yum clean all
    # yum upgrade

    依存関係で何も問題が無ければ、このあと[y/n]を聞いてくるので「y」キー入力する。
    依存関係で問題が起きた場合は個別対処のこと。

  • 追記 : 2008/01/07 10:40
    FedoraCore 6 にアップグレード後、ブート時に gnome setting deamon だか、gnome setting manager だかでエラーが発生。FedoraCore 5 のカーネルで立ち上げても同様の結果に。他のサービス等は正常に起動するので、設定次第でどうにでも修正できるとみたが、調べるのも面倒なので、FedoraCore 5 のクリーンインストールをし直すことにし、本件終了。
タグ: , , , , , , ,
Posted 2008年1月3日 15時15分05秒 in Junichi Diary, Linux, Windows&Customize by junichi_y Comments (4)

Get Adobe Flash player